ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/柔術家が運営するブログ

VTIとはバンガード社が販売する米国市場全てへ投資する海外ETF

スポンサーリンク

ずずずです。

 

S&P500連動ETFであるVOOを販売するバンガード社はVTIというETFも運営し販売しております。


VTIとVOOが大きく異なる違いは1つです。

 

S&P500に連動するかUSトータル・マーケットインデックスに連動するか。

 

・S&P500は米国の主要な業種から500銘柄から構成されて投資されております。
・USトータル・マーケットインデックスは米国株企業すべてに投資されております

 

 

 

 

VTIとは

 

米国株式のほぼ100%へ投資するCRSP USトータル・マーケットインデックスにベンチマークするとしている投資家に人気のある代表格な海外ETFである。

 

S&P500は米国株式市場の動向を知ることが出来る指数の1つであり、米国の主要な業種から500銘柄から構成されている株価指数を表したものでした。

 

S&P500とは

 

米国株式市場の動向を知ることが出来る指数の1つです。

米国の主要な業種から500銘柄から構成されている株価指数を表したもの。


この記事で伝えたいこと

 

・米国株投資家全ての方におすすめできる王道中の王道ETF

・CRSP USトータル・マーケットインデックスにベンチマークする

・S&P500は米国株各分野の代表企業へ投資だったが、その他全ての米国企業へ投資が可能

・ロボアドバイザーウェルスナビにも選定されている

 

VTIの概要

 

・2001年5月24日に設定され運用されたETF

・CRSP USトータル・マーケットインデックスにベンチマークとする

・経費率が低コストである0.04%

・約7.4兆円の純資産総額(6,723億ドル)

 

保有上位10銘柄

 

f:id:zuzuzuwork:20180905004008p:plain

 

上位を占める割合はVOOとほぼ同じ銘柄となります。保有率が違いますね。

 

ハイテク株が多く入っております。

 

セクター

 

f:id:zuzuzuwork:20180905004242p:plain

 

ほぼ米国企業に投資するETFということもあり、VOOとは構成比率が異なるのが興味深いですね。

 

こちらがVOOの構成比率になりますので、ご参考までに。

f:id:zuzuzuwork:20180901011553p:plain

 

VOOもそうですが、VTIも分散を自動で行ってくれるという意味合いからETFは投資初心者には優しく、投資家の成熟度があがっても好まれるETFになります。

 

 

 

 

チャート

 

2018年9月4日時点で149.75ドルとなります。

 

2001年設定より2010年までは50ドル付近で安定してました。

 

この時期は米国株投資は全然注目されない期間でしたが、リーマンショック以降の好調さがグラフを見るだけで分かります。

 

f:id:zuzuzuwork:20180905004733p:plain

 

投資界隈において米国株というキーワードを聞かないレベルにまでになってきた雰囲気を感じております。

 

配当利回り

 

年利1.6% (2018年9月4日時点)

 

S&P500連動ETFも1.5%前後で同じくらいの利率です。

 

配当回数

 

4回(4半期決算の為)

 

配当月

 

3月

6月

9月

12月

 

VTIを選択する理由

 

VTIを選択する理由です。

 

・米国株企業すべてに投資でき、分散できる

・2001年からの運用実績もしっかりしており、S&P500と連動しているVOOと同じように人気がある

・バンガード社の商品と言うブランド力

・経費率が低コストの0.04%

 

ではないでしょうか。

 

補足

 

VOOは2010年設定されIVVは2000年5月15日であり、VTIは2001年と運用実績は長期に渡るETFになります。

 

運用期間が長いとそれだけで安心できる材料の1つになりますね。

 

S&P500連動ETFであるVOOやIVV、SPYで迷うようでしたら、VTIという選択で落ち着いても良いと考えます。

 

 

 

 

最後に

 

バンガード社が運営するS&P500ベンチマークETFであるVOO。

 

米国株投資家に限らず全ての投資家におススメできるETFの1つです。

 

運用実績、経費率、ブランド力含めて選択肢として間違いないと思います。

 

S&P500ベンチマークETFで悩むのであれば、VTIで安心をとりましょう。

 

その後、VOO、IVV、SPY(1557)など選定していけばよいと思います。

 

資産形成をするには安定したETFの1つとなるでしょう。

 

関連記事

 

www.zuzuzuwork.com