ずずず のんびり日記 米国株日本株投資

米国株投資インデックス投資家。普通のサラリーマンが資産形成するブログ

【向上心はあるはず】闘争心が低い私

スポンサーリンク

 

ずずずです。

 

格闘技をやってました。ブラジリアン柔術とキックボクシング。

 f:id:zuzuzuwork:20191229172803p:plain

キックは2年、柔術は4年やってました。

 

格闘技は試合などを行うと必ず勝敗がつくスポーツです。

白か黒か。黒か白か。100%勝ち負けの結果がしっかりと出ます。

 

そういった世界ですので、どんな世界であれトップで走り続ける人はすごいなと思います。尊敬します。

 

闘争心とは

 

闘争心 (とうそうしん)とは【ピクシブ百科事典】

 

戦う、行動に対する意欲、気持ち。

 

文字通りです。

 

相手がいれば、当然相手に勝ちたいという気持ちが表立って出てくるオーラみたいなものですね。

 

この闘争心と言われる心が私はどうも薄いんですよねぇ。

 

過去柔術で試合に何回か出たことがあります。当然ですが大会に参加し優勝を目指して試合に出場するので試合相手に勝つという思いで取り組む人ばかりです。

 

お金も払って参加していることもあり、「勝ちたい!」と思うのは当然のことかもしれません。

 

ところがですね。。。私の場合なのですが試合中でもスパーリングでもそうなのですが相手が勝ちたい!!!!と必死な気持ち(闘争心)を受け取っちゃうとなんかこう「スゥーっとどうぞお勝ちください。。。」という気持ちになってしまうんです。

 

相手に勝つことが試合なのですがなんかこう譲りまーす。という気持ちになってしまうんですよねぇ。

 

心が折れるという感じですかね。私は試合を楽しみたい!という気持ちなので何が何でも勝ちたい!という気持ちには負けちゃうんですよね。

 

当然、試合の相手が自分より強いということもあり、実際本気で取り組んでも勝利できないかもしれません。

 

 格闘技向いてないwってことなのかもしれませんが楽しいので続けたんですが勝負よりも仲間内でわいわいやるのが楽しかった競技だったと思います。

 

組織内での立ち位置でも同じ

 

一応、役職持ちですが特に役職に拘っていません。自由奔放に仕事をし、仲間を増やし過ごしてきたら勝手に役職がついただけのレベルです。

 

試合と同じように闘争心があまりないため、プロジェクトを円滑に進めるためには社内の偉い人だろうと取引先やお客さんであろうと討論になることは多々あります。

 

お客さんの偉い人ともお互い言いたい放題言い合い周りが引くほど言い争ったこともあります。が闘争心とは違うんですよねこれ。

 

役職は自分自身が上に上がりたいという気持ちがあり、上に上がる努力を行うのですがそういう人は見ていてもわかりますしね。なんかこう頑張って上がってくださいなと思います。

 

組織内で上に上がりたいという闘争心は私には皆無です。

 

そういう性格です。

 

最後に

 

こういうこともあり私自身相手を打ち負かしていくということが苦手です。穏便にいきたいですよね。

 

闘争心はなくても生きてはいけますたぶんw

 

関連記事

 

そんな私でも少しだけ資産を持てています。闘争心は不要ですね

www.zuzuzuwork.com

 

配当金も確実に毎年増えています

www.zuzuzuwork.com

 

 配当金2000円は超えてますねぇ。

www.zuzuzuwork.com