ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/柔術家が運営するブログ

目的を見失ってない?投資の為に無理した生活は悪影響しかない

スポンサーリンク

ずずずです。

 

最近色々思うことがあります。

 

みなさん、頑張り過ぎ屋さんだなって。

 

投資は長い間、継続する必要があります。

 

1年や2年の話しではなく、何十年のお話しです。

 

 

 

投資を始める一般的な理由(きっかけ)

 

実は投資を始めたきっかけや目的を見失う人って実は多いのではないのでしょうか。利益(お金)が欲しくてリスクを負って始めた投資です。

 

・雑誌を見て始めた。
・年金が不安なので始めた。
・お金持ちになりたくて始めた
・投資ブログを見て始めた。

 

投資をするために私生活を抑えてまで犠牲にしてませんか?

 

東証マネ部によると投資を始める理由として多いのは下記のようです。

 

(全6項目から単一回答)
1位 転職/退職 22.0%
1位 大きな臨時収入があった時 22.0%
3位 就職 18.0%
4位 子どもの誕生 5.0%
5位 結婚 4.0%

※東証マネ部より引用

 

全てわかります。

 

1位の転職退職・大きな臨時収入は経験ないので分かりません。

3位の就職は私も就職後から開始したので分かります。

4位の子どもの誕生もジュニアNISAを開始したので分かります。

5位の結婚も家族の為に!と言うので分かります。

 

money-bu-jpx.com


人生の岐路となるイベントが発生したときに投資を始めるキッカケが多いように感じました。

 

 

 


投資を始めた目的は?

 

2010年よりお遊び程度で投資しておりました。本格的に投資を勉強し始めたきっかけはやはり家族が出来たことが理由で生涯、家族が最低限の生活が出来ることを目的として投資をしてます。

 

お金持ちになりたいとか贅沢な生活を過ごしたい。というわけではりません。

 

・本当に生活に必要で欲しい物を手に入れること。

・家族が生活する為、ご褒美となるたまにある贅沢。

・家族が習いたいことややりたいことを出来る限り我慢せずに行なえること。

 

こういった普通の庶民的な生活を当たり前に手に入れることを目指して投資を行い、

ごくたまには投機的を行い、株投資家生活も楽しんでいるのが実態です。

 

投資も楽しくなければ続かないと思っております。投資を始めると金融リテラシーが高まることもあり投資元本金をいかに確保するのか。限られた収入源(給料)の中から投資へ回すお金を限りなく増やすこをと一生懸命考えます。

 

全ての支出を把握して節約し制限をかけて生活をするスタイルとなります。この行為自体は投資においてプラスであり、メリットとなります。

 

お金を使うことの意味を考える大事な意識となります。

 

www.zuzuzuwork.com


消費するお金を把握し、考えて使うことはとても重要です。

 

問題と考えているポイント

 

支出を減らす。ということはとても大切です。

 

支出を低減という行動により少なからず生活スタイルを無理やり制限することになり、ストレスとなる人も少なからず存在します。

 

例えば

 

・私はジャンクフードが大好きなのですが、食べすぎは健康に良くないのは理解してますが食べたくなったら食べる。ことにしております。

 

・友人と飲みに行きたいときは企画し飲み会を開催する。

 

・運動がしたくなったらジムや体験会への参加、気になるスポーツイベントへ参加する。

 

など支出は気にしてますが生活を縛るということは緩いほうだと思ってます。

 

理由は単純明快で、ストレスとなる要素になるからです。

 

投資はあくまでも人生の一部であり、生活を制限し制御してまで行なうことではないと考えてます。

 

出来る範囲で投資を行なうことが大事であり、ストレスがかかる投資生活は継続出来ないと考えてます。

 

 


最後に

 

もっと気楽に考えて投資しても良いんです。投資のために生きる。なんて必要は無いと思います。

 f:id:zuzuzuwork:20180707010013j:plain

 

金融リテラシーを身につけ、節税し謙虚に収入源を確保すること。たまには赤字続きで苦しい生活をすることもあるかもしれません。

 

贅沢すぎるのは敵ですが、自分自身が満足できる生活を手にすること。

 

それを補助してくれるのが投資であり、ストレスが蓄積しない生活を手にすることが一番です。

 

もっと肩の力を抜いて、今出来る投資に手を出していければ良いと思います。

 

関連記事

 

少額投資もありですよ。

www.zuzuzuwork.com

 

こういうときもあります。

www.zuzuzuwork.com

 

たまには本を読んでリフレッシュもあり。

www.zuzuzuwork.com