ずずず のんびり日記 米国株日本株投資

米国株投資ブログ。インデックス投資や優待株投資

休職したら収入0になると思ってたけど違うんですね。知らないことがたくさん。

スポンサーリンク

傷病手当金(給料3分の2が目安)となり、自立支援医療(医療の負担1割)になるんですね。

 

f:id:zuzuzuwork:20190824215744j:plain

 

ずずずです。

 

諸事情があり、休職について最近調べています

 

・傷病手当金(給料3分の2が目安)

・自立支援医療 (医療の負担1割に)

 

上記2つが基本的にはあるんですね。

 

知らなかった。

 

私の勝手なイメージですが、正直いままで休職したら給料無くなり収入なくなるんだろうなぁと調べもせずに思っていたのが実際のところです。

 

今回、家族が休職することになることになり、確認してみたところ何かしらの制度である程度救われることが分かりました。

 

傷病手当金

 

保険協会のホームページになります。

病気やケガで会社を休んだとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

 

全国健康保険協会が管理している制度で、給料の3分の2を給付してくれる制度ですね。

 

最大で1年6ヶ月が適用されます。

 

3日休み4日目から申請が可能になります。

 

怪我であればある程度回復までの期間は分かりますが、精神面での病気は分かりませんね。

 

本人の環境や心境に無理が無い状況を作っていくしかないので、1年6ヶ月が適正なのかは分かりませんが少なくとも共働きであり一馬力での収入だけに頼るだけではないと言うことが理解出来ただけでも経済面の意味では少し安心しました。

 

あとは、本人が過ごし易い環境を準備し、そっと見守るだけですかね。

 

自立支援医療

 

厚生労働省のホームページになります。

自立支援医療 |厚生労働省

 

厚生労働省が管理している制度で、通院に掛かる費用を低減する制度。

 

通常医療に対する支払いは3割ですが、1割になるとのこと

 

収入が減る中で、医療に関する負担が低減されるためこちらもありがたい制度だなと思います。

 

生活防衛資金を使うとき

 

私自身の生活はあまりスタイルを変えずに家事育児の負担を増やし、回復を待つ状況になるわけですが私自身が出来るのはそこまでですね

 

後は本人の心境や環境が少しずつ待つしかありません。

 

本人はやはりお金の面も含めて気にしてましたが私が即座に「何とかする」と回答したのは間違いなく生活防衛資金があったからです。

 

手当金や私の収入でなるべく使わずにいきたいとは思いますが、必要な時は使うべきな状況なので問答無用で使っていきます。

 

その為の資金ですからね。

 

共同で貯金をしてましたがそのあたりも含めて一旦見直しを私のほうで行い再度家計管理含めて見直したいなと思います。

 

生活防衛資金についての考えを以前書いております。

www.zuzuzuwork.com

 

最後に

 

病気において心配ごとはたくさんありますが、投資ブログと言う事もありお金について書きました。

 

家族と言え、第3者目線で見ることが多いのは冷たい目線で家族を見ることも大切です。

 

随時フォローしつつ健全な状態になるように生活していきたいと思います

 

関連記事

 

日本株だけが対象ですが、比較的低価格で1株から投資できるSBIネオモバイルがありますのでおすすめの1つになりますね。というか面白い。

www.zuzuzuwork.com

 

こちらですね。仕事は辛ければ耐え続ける必要はないですね

www.zuzuzuwork.com

 

投資を行う前には必要なことがあります。

www.zuzuzuwork.com