ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/柔術家が運営するブログ

SPYとはS&P500にベンチマークし、米国市場へ分散する海外ETF(経費率0.09%)

スポンサーリンク

ずずずです。

 

SPYは社が販売するS&P500をベンチマークとする代表的な海外ETFとなります。

 

f:id:zuzuzuwork:20180902120950p:plain

 

この記事で伝えたいこと

 

・米国株投資家全ての方におすすめできる王道のETF

・バフェット氏も奥さんにすすめるS&P500連動ETFの1つ

・米国株各分野の代表企業へ投資が可能

・経費がIVVとVOOより少し高め(0.09%)

・日本円で投資できる1557もSPYが東証に上場したもの

 

S&P500連動ETFであるSPYもステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ社(SPDRスパイダー)の名前から入ります。(https://www.spdrs.jp/

 

 

 

S&P500とは

 

米国株式市場の動向を知ることが出来る指数の1つです。

米国の主要な業種から500銘柄から構成されている株価指数を表したもの。

 

SPYの概要

 

・1993年1月22日に設定され運用されたETF 

・S&P500をベンチマークとする

・経費率が低コストなETFにはいる0.0945%

・約27兆円の純資産総額(249,7億ドル)

・1557は2011年3月24日上場

 

保有上位10銘柄

 

当然ですがS&P500をベンチマークとしているため、IVVやSPYと同じ構成となります。 

 

f:id:zuzuzuwork:20180902115433p:plain

 

どのS&P500連動ETFも同じ銘柄構成なので当たり前なのですが、ハイテク株が多く入っております。

 

その為、ETFが順調に上昇していることも頷けるところです。

 

セクター

 

f:id:zuzuzuwork:20180902115532p:plain

 

情報技術が26%とETFの4分の一を占めております。

 

その他、色々な分野に投資しているので、分散もしてくれるわけです。

 

米国株内ですが分散しつつ流行にも投資できるのがS&P500に連動するETFの良い所です。

 

 

 

チャート

 

2018年8月31日時点290ドルとなります。

 

2000年設定より下落は多少あれど、順調なグラフです。

  

お気づきでしょうか。

 

2002年~2010年までは現在好調なグラフではなく、上下を繰り返しております。

 

長期運用されているETFを見ると、このような過去を見ることが出来ることも意識しておきたいところです。

 

f:id:zuzuzuwork:20180902115917p:plain

 

2010年からは非常に好調な市場になっております。

 

配当利回り

 

1.72%(2018年9月1日時)

 

配当回数

 

4回(4半期決算の為)

 

配当月

 

3月

6月

9月

12月

 

SPYを選択する理由

 

S&P500にベンチマークするETFでSPYを選択する理由を考えます。

 

・1993年からの運用実績としてIVVよりも7年長い十分な歴史がある

・S&P500と連動している

・ブランド力

・運用期間が長いため、IVV,VOOよりも純資産額が多い

・経費率0.09%と最安なETF

 

ではないでしょうか。

 

補足

 

SPYは1993年運用開始であり、IVVが2000年、VOOが2010年運用開始ですので運用実績の差があります。

 

長年運用実績があり、順調に総純資産額も伸びており、2018年時点で約27兆円となっています。

 

VOOがモンスター級であり、IVVは巨人、SPYは軍艦レベルのETFでしょうか。

 

ブラックロック社が好きな人はIVV、バンガード社が好きな人はVOO、運用期間の安定と実績ならSPY。

 

 

 

最後に

 

S&P500ベンチマークETFであるSPY。

 

IVVとVOO同様に米国株投資家に限らず全ての投資家におススメされるETFの1つですが経費が一番高いためIVVとVOOがおすすめされることが多いです。

 

運用実績、経費率、ブランド力含めて選択肢としては間違いないファンドの1つと思います。

 

世界規模で見れば、IVVやVOOと変わらずゆっくり成長し、資産形成をするには適したETFの1つとなるでしょう。

 

また、1557は日本円で投資できることから、ドルで投資することに抵抗がある場合は対象としてありだと思います。

 

1557を購入する場合、株式数比例配分に非対応となり、課税対象となりますので、カブドットコム証券以外ではあまりおすすめいたしません。

 

関連記事

 

同じくS&P500連動ETFでおすすめされるバンガード社のVOOとなります。お好きな方を選択しましょう 

www.zuzuzuwork.com

 

楽天VTIですが、こちらもありだと考えてます。

www.zuzuzuwork.com

 

自分の口座でVOOを購入し、先日子ども向けにIVVを購入しました。

www.zuzuzuwork.com

 

投資信託商品もおすすめの1つです

www.zuzuzuwork.com