ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/柔術家が運営するブログ

【SPXL】レバレッジ3倍ETFの魅力(DIREXION SHS ET/DAILY S&P 500 BULL)

スポンサーリンク

 

ずずずです。

 

始めに伝えておきます

 

レバレッジ商品は通常のETFに夢を乗せた商品であり少し投機的要素が入ります。
※通常のETFより変動が激しくギャンブル要素に近い感覚です

 

Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETFを略して(SPXL)と言います。

 

 

 

レバレッジとは

 

投資金の数倍取引が可能となる仕組みのことです。

 

例えば10万を担保として、100万円の取引が出来る場合はレバレッジ10倍と言えます。

 

通常の株投資売買だと、10万円元本があると10万円の株しか購入できませんがこれはレバレッジ1倍と言うことになります。

 

よく言われるのが住宅ローンがレバレッジを最大に生かしたローンだと言われますね。

 

頭金で何千万もの支払いを行なえることから、給料(元本)から算出した数値にレバレッジを効かせて、高い住宅費である何千万購入する。と言う意味で使われてたりします。

 

さて、SPXLはS&P500をベンチマークとしてますが、VOOやSPY、IVVとは異なり、レバレッジ3倍となる動きとなります。

 

SPXLはS&P500の1日変動に3倍連動を目指したETFですね。

 

SPXLはS%P500が上昇すれば3倍上昇、下落すれば3倍上昇となります。

 

コレとは逆に動くのがSPXSになります。SP&500が上昇すれば3倍下落、上昇すれば3倍下落。

 

チャート

 

気になるのは本家であるS&P500との指数となるので、表示させてみます。

f:id:zuzuzuwork:20181109094049p:plain

https://finance.yahoo.com/より作成

 

過去より上昇し続けたS&P500ですが、SPXLを表示させると平坦に見えてしまうほどのチャートとなります。(ピンクの線ですね)

 

ここに注目してもらいたいのは、上昇よりも下落分です。

レバレッジ3倍ですので下落も相当なものになります。

 

 

 

リーマンショック時

リーマンショック時はS&P500は約50%下落、SPXLは97%下落と言う数値も見かけますので確認してみましょう。

f:id:zuzuzuwork:20181109094553p:plain

 

恐怖ですね。

 

SPXLへ投資するメリット

 

・S&P500の3倍上昇となり上昇時は魅力的なチャートになる

・米国株 約500企業への投資のため、分散はある程度できている

・本家VOOやSPY、IVVなどより株価が安い

・過去5年の好調時で年利率30%越え(とても好調な期間です)

・価値が0円になることは考えにくい

 

メリットを見ているととても魅力的で投資したくなりますね。

 

では、デメリットも見ていきましょう

 

SPXLへ投資するデメリット

 

・配当金がない

・冒頭で述べた投機的要素が強い(上昇時はいいですが下落時は本家以上(当然3倍)となるのでとても精神的によくない)

・下落し続け、回復に時間がかかる可能性がある

・均衡した局面では厳しい

f:id:zuzuzuwork:20181113235707p:plain

ETFの概要 | 日本取引所グループ

 

とのように本家が回復しても、戻り切れない可能性があるとのことです。

 

本家×3倍という純粋な数値ではなく、ベンチマークするがチャートは独自に動くことに注意することですね。

 

レバレッジ投資家の誕生

 

SPXLを利用した商品でのポートフォリオを形成している投資家もございます。

軽めにご紹介しておきます。

 

hass104.blog

 

保有株評価状況

 

面白いETFです。買いたくなり12株だけ保有してます。

 

f:id:zuzuzuwork:20181114002446p:plain

 

下記の丁度購入してはダメなタイミングで買ったみたいです。

 

f:id:zuzuzuwork:20181114002317p:plain

 

評価状況は下記です。悪くはない。

f:id:zuzuzuwork:20181114002621p:plain

 

 

 

最後に

 

レバレッジ3倍ETFは魅力があり、つい手を出してしまいたくなる商品です。

 

保有するもしないも自由な商品ですので、VOOやIVV以外にもスパイス(辛み)をポートフォリオに追加してみたいと思ったらありかもしれません。

 

2017年の好調時に保有していると良い商品ですが、現在は難しい状況になりました。

 

見るもよし保有するもよし。

 

但し全力投球はしない方が良いでしょう。

 

金融資産の10%や20%くらいが良い所でしょう。

 

関連記事

 

S&P500ベンチマークする投資信託商品です。

www.zuzuzuwork.com

 

S&P500にベンチマークするIVVです。おすすめです

www.zuzuzuwork.com

 

S&P500にベンチマークするETFです。おすすめです

www.zuzuzuwork.com

 

米国株に投資するにはどうすればいいか。

www.zuzuzuwork.com