ずずず のんびり日記 米国株日本株投資

米国株投資ブログがメイン。米国インデックス投資や優待株投資/元柔術家

「継続は力なり」が難しい。辞める決断も必要なときもある

スポンサーリンク

 

ずずずです。

 

人生楽しいときだけではなく生きていると想定外な事件はたくさんある。それが楽しい。

f:id:zuzuzuwork:20190217004916p:plain



所属しているジムが閉館することになり、家の近くだから継続出来ていた柔術を続けることが難しくなりましたので退会することとしました。

どのような業界でも同じだと思いますが、ジム(柔術)も周りに増えてきた経緯もあり、経営が難しいということみたいです。

 

移籍も考えましたがあまり時間がなく、モチベーションも下がったため一旦、柔術生活は幕を閉じます。

 

他のジムに所属も考えましたが見学含めて継続する意思が今は弱いので休憩モードに入ります。


また体を動かしたいという気持ちになるまで待とうと思います。

 

今まで継続できていた理由

 

「何故、継続出来ていたのか」を考えました。

 

ジム通い始めてから5年超えてますがキックボクシング1年、柔術4年なので途中でより楽しい方向へ転向しました。

 

理由として考えたのは下記。

 

・家から近いから

・ダイエットのため

・楽しい時間を過ごす仲間がいたから

 

この3つが継続してきた理由です。

 

家から近い

 

汗をかいたらすぐお風呂へ入りたい。という思いが強いので徒歩か自転車ですぐに家に帰れることが重要でした。

 

スーツでジムに行くのも汗かいた状態でスーツを着るのも嫌でしたので家に帰れる距離。と言うのは私にとっては大切でした。

 

そのため、家から近い。というのはとても譲れない条件でした。

 

ダイエット

 

 30歳を過ぎたあたりから、ランニングしても体重が減らないことから違うことをしなければ!と言う思いで始めたキックボクシングと柔術でした。

 

毎週通っていたこともあり、体重は一応平均体重を保ちメタボは免れ、好きな唐揚げ含め健康的な身体を維持できております。

 

仲間がいたから

 

楽しい時間を過ごせる仲間というのはなかなか作ろうと思っても作れません。

 

入会直後は知らない人ばかりだったのですが、長年通うことで苦楽を共にした大切な仲間が出来ます。

 

同じ時間を過ごし、楽しい時間を提供してくれる仲間はかけがえのない人達です。

仕事とは違う。友人とは違う格闘技ジム仲間という関係が心地よい環境でした。

 

このように自分から格闘技ジムの世界へはいり、新たな世界が開けたのは言うまでもありません。

 

この3つの理由から今後どうするのか考えていきたいと思います

 

今後どうするのか

 

ジムが閉館。と言うことで問答無用で継続することが困難な状況です。通っていればずっと続くと思っていましたが、思いもよらない外的要因から継続出来なくなりました。

 

ダイエットや仲間は継続していれば何とか出来るものですが「家から近い」という物理的なものだけは自分の力では何とも出来ません。

 

すでに仲間たちは他のジムへ行く準備を進めていました。

 

少し頑張れば通える場所に何箇所かありますが、新たな場所にいくパワーが出てこないことから継続するモチベーションは今はないと考え、柔術は一旦休憩モードに入りたいと思います。

 

1ヶ月、2ヶ月後に再開連絡する可能性は無いとは言えませんが、休憩も大事と言うことです。私としては4年も毎週良く通った。偉いという感じです。


焦っても仕方ないのでじっくりと見つめ直ししたいと思います。

 

ジム会費を他の新しいことに割り当てることも有りだと考えてもいますのでおすすめがあればご紹介いただきたいところです。

 

ジーコンドーとかKALIとかいいなぁ。三味線も習ってみいんだよなぁ。

 

最後に

 

楽しいときはずっと続くと思いこむのが人間です。

 

株でも評価額がプラスのときは「投資家のセンスあるぜ!」と思うのと一緒で、マイナスになったとたんに狼狽売りしちゃう人多くいます。

 

それと同じですね。今回はちょっとジム閉館は想定外でした。

 

行く場所が無くなるという自体になったわけですが、悲観的に考えても仕方ないため落ち着く時間を取り次に繋がる動きを考えて行きたいと思います。

 

まさかという事態になっても落ち着いて対応することが人生には必要ですね。

新しいことを始めるには勇気とパワーがとても必要なので、今は休憩。

 

思いもよらない刺激を外から受けたとき、ジタバタするのか精一杯考えて行動するのか。

 

それも人生の1つです。せっかくですから考えるのも楽しんでいきましょう。

 

関連記事

 

継続するために生活スタイルを変えることは大切ですね。

www.zuzuzuwork.com

 

 私も外的要因とは言え辞める側になってしまいました。

www.zuzuzuwork.com

 

株投資も継続することが難しい時がありますね。

www.zuzuzuwork.com