ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/柔術家が運営するブログ

りそな銀行 日本初ファンドラップを販売(利益確定時だけ手数料支払いだが信託報酬費は負担必須)

スポンサーリンク

ずずずです。

 

りそな銀行が日本初となる成果報酬型のファンドラップ(ウェルカムプラン)を販売しました。

 

簡単なサービスのご説明

 

日本初の理由は利益が確定した場合だけ、成功報酬時の手数料を支払うというサービスであり、投資金額が契約期間内に105%を超えたら契約終了となります。

 

本ファンドラップへの未投資家が対象となり、30万~100万円を投資金額とし、利益があった場合のみ手数料32.4%(税込)を支払うサービスとなります。

 

但し、ファンドの信託報酬費は毎年かかります。残念です。

 

f:id:zuzuzuwork:20180604235422p:plain

 

 

通常バージョンのファンドラップ

 

コースが2つあります。

 

スタンダードコース:300万円以上1万円単位

プレミアムコース:500万円以上1万円単位

 

と非常に投資家らしい金額が最低条件となっております!

 

本コースにご興味がある方はこちらにリンクを貼っておきますのでご参照ください。

 

www.resonabank.co.jp

 

また本特別プランと通常コースの比較表がHPにございましたので貼っておきます。

f:id:zuzuzuwork:20180605222038p:plain

 

利益確定時の手数料

 

利益が出た時だけ成功報酬として支払います。

 

32.4%

 

とても高いです!

 

参考例

 

最低金額50万円で本契約を行ったとします。

 

利益が1回目の決算時に15,000円出たとします。

 

成功報酬は15,000円×0.324%=4,860円(税込)

 

4,860円を手数料で支払う為、手元には10,140円がもらえることになります。

 

申込みが出来る投資家 

 

完全に新規申し込みの方向けサービスとなっております。本投資とし利益がもらえることの喜びを知った投資家を増やしてそのまま本投資へ進むための手法ですね! 

 

下記の記載がありましたので引用しておきます。

 

 りそなファンドラップをご契約中のお客さま、およびりそなファンドラップまたはりそなファンドラップ(ウェルカムプラン)を過去にご契約いただいたことのあるお客さまは、新たにりそなファンドラップ(ウェルカムプラン)をお申込みいただくことはできません。

※HPより引用

 

現金化されるときの条件

 

条件は2つとなります。

 

・投資金額の105%となったとき。

 

50万円を投資したとき、525,000円となった場合は強制的に現金化され、手数料を引かれて手元に戻ってきます。

 

決算を5回(5年)超えた時

 

毎年、利益が出て105%以下の場合、手数料を引かれた現金が手元にはいります。

5年まで更新できますが5年超えた場合は、契約終了となるプランとのこと。

 

 

魅力について

 

f:id:zuzuzuwork:20180605225816p:plain

 

本サービスのコースは300万円以上からのファンドラップとなりますが、ウェルカムプランだと30万~100万円内での投資に限られます。

 

f:id:zuzuzuwork:20180605230116p:plain

 

これは、ロボアドバイザーのような感覚に近いので良いと思います。

 

f:id:zuzuzuwork:20180605230239p:plain

 

成功報酬の手数料のみ!!と書いておりますが注意書きの2つ目が気になります。

 

超過収益の有無にかかわらず、投資対象となるファンドラップ専用投資信託の信託報酬等の費用を間接的にご負担いただきます。

※上記HPより引用

 

手数料とは別にファンドラップ専用投信の信託報酬費を別枠で支払う必要があるという注意書きが書いてますので、結果として手数料以外の費用がかかると言うことですので注意が必要です。

 

損が出ている場合、成功報酬費のみが負担されない。ということです。

 

2.りそなファンドラップ(ウェルカムプラン)に組入れる投資信託に係る費用

 

投資対象となるりそなファンドラップ専用投資信託の信託報酬(投資信託の各信託財産の純資産総額に対して年率0.27%~0.432%(税込))を間接的にご負担いただきますが、その合計額は資産配分比率や投資信託の保有期間等に応じて異なりますので、あらかじめ表示することはできません。その他、りそなファンドラップ専用投資信託の監査報酬、有価証券等の売買に係る手数料、資産を外国で保管する場合の費用等が発生しますが、これらについては運用状況等により変動するため、事前に料率等を示すことができません。

 

成報酬費という項目の手数料だけ無料ということで信託報酬費は毎年かかります。

 

甘い言葉を信じて契約してしまうと結局費用負担はありますので注意ください。

 

これであれば、まだロボアドバイザーや楽ラップの方が優しいですね。。。

 

プラン変更は出来るのか

 

契約金額の増額や減額(一部の解約)は出来ません。

 

運用スタイルは変更可能ですが基本的には他の契約変更は不可です。

 

一度投資したら変更は簡単に出来ないと考えた方が良いでしょう。

 

 

最後に

 

結果的に利益が出た時だけ成功報酬費のみが無料になると言うサービスでした。

 

インデックス投資を行っている方であればお分かりになるかと思いますが一番注目される信託報酬費は負担する必要があると言うことですので、普通に毎月積み立てをしていった方が良いと思います。

 

ファンドラップ内の商品しか選択できないうえに、信託報酬費も安い方ではないのと思います。

 

面白そうだと思って、調べてみましたがやはり甘い投資方法はないですね。

 

私はおススメ致しません。

 

関連記事

 

少額でも投資する意味があるのかを書いた記事となります。

www.zuzuzuwork.com

 

つみたてNISAがおすすめです。

www.zuzuzuwork.com

 

ロボアドバイザー ウェルスナビの記事となります。

www.zuzuzuwork.com

 

ロボアドバイザー 楽ラップの記事となります。

www.zuzuzuwork.com