ずずず のんびり日記 米国株日本株投資

米国株投資インデックス投資家。普通のサラリーマンが資産形成するブログ

【野村スリーゼロ先進国株式投信】信託報酬0で注意することはないのか?

スポンサーリンク

 

ずずずです。

 

今、話題ですね。話題の「野村スリーゼロ先進国株式投信」

 

素晴らしいんです。本当に素晴らしいと思います。信託報酬費0を発表した野村證券さん。よくやりました。

 

f:id:zuzuzuwork:20200226215442p:plain

 

とても素晴らしいです。

 

簡単に言うと

 

・MSCI-KOKUSAI指数(円換算ベース:為替ヘッジなし)にベンチマークする

・野村證券でしか購入できない

・2020年3月16日~2030年12月31日までが信託報酬が0です

・2031年1月1日より信託報酬は0.11%(税込)です

・その他運用で必要なコストはさすがに0ではない

 

こういうファンドであり、少しだけ制限ありのファンドでもあります。

 

ベースとする対象先、信託報酬費0円は素晴らしいといえそうです。

 

実際のコストはわからない 

 

私が気になるのは信託報酬費は0円と発表されましたが、その他実質コストなどにかかる費用は他と同じように当然かかるということ。

 

その他運用で必要なコストは下記のように記載してあります。

f:id:zuzuzuwork:20200226220015p:plain

 

信託報酬費が0円というのは10年限定でも素晴らしいですが、それ以外の実質コストはかかるということになります。

 

このあたりがどうなるのかも気になりますけどね運用始めたら。

 

ここで、ほかの信託報酬費と同じくらいのプラスアルファー乗っていたら意味がないですけどね。

 

ここが一番大事ですね(実運用後わかる話)

 

野村證券以外で買えない

 

おそらく本ブログを見ていただいている投資家は楽天証券やSBI証券、マネックス証券などのネット証券ユーザーが多いと思います。

 

対面で口座開設している投資家もいるかもしれませんが、本商品は野村證券以外では現在変える予定がないというところも注意点ですかね。

 

つみたてNISAなどは20年以上を見据えての投資ですし、10年以降信託報酬費がかかるということも考えるとそんなに注目し、口座開設して投資しなくてもいいかなと思います。

 

野村證券口座をお持ちでしたらありレベルです。

 

影が薄くなってしまったニュースw

 

同日に引き下げを発表していたのですが、いつもならば話題になるのに0円の話題が多くて目立ちませんでしたが嬉しいニュースもこっそりと素晴らしいの2つめ。

 

「eMAXIS Slim先進国株式」信託報酬引き下げ、ニッセイに対抗| モーニングスター

 

最後に

 

「無料より高いものはない」という言葉もありますが、信託報酬費0円という衝撃を与えたのは素晴らしいことといえます。

 

実質コストも企業努力で低コストとなり、ファンドの中でも抜群の低コスト商品となれば素晴らしいといえますが、それがわかるのは2年以降あとですかね。

 

0円だからと言って、投資初心者などが不用意に飛びつかないように注意もしてほしいところです。

 

商品は見極めていきたいですね。

 

関連記事

 

米国株保有300万円をこえたら、下落し始めました

www.zuzuzuwork.com

 

ほかにも良い商品はたくさんあります。

www.zuzuzuwork.com