ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/柔術家が運営するブログ

年賀状送るは良いんだけど、作るのが手間ですね

スポンサーリンク

 

ずずずです。

 

年賀状送る送らないで賛否両論あります。

SNSがメインとなりコミュニケーション手段が変わった現代、年賀状が廃れてしまうことは致し方ないことだと思います。

 

古き良き文化と言いますが、メールでもいいじゃないか。と私も思ってます。

でも、貰うとそれはそれで「覚えててくれたんだー」と微妙に嬉しい気持ちになりませんか?私はなります。


1年に1回でも思い出して年賀状をくれる。その時だけでも送る人を考えてくれているわけですので何気に貰って嬉しく感じる人もたまにいます。

 

さて、そんな年賀状ですが実際どのくらい利用している人が減っているのでしょうか。

 

年間発行枚数の推移

 

2003年が44億5936万枚でピークで2018年は約24億万枚ということで約20憶万枚も減っていることになります。

f:id:zuzuzuwork:20181224012104p:plain

年賀葉書の発行枚数などをグラフ化してみる(最新) - ガベージニュースより引用

 

正直なところ、SNSが主となりインターネットが普及した今、ハガキや手紙は相手が受け取るまでの時間もかかりますし、送る側の作成時間もかかりますので当然の流れでしょう。

 

あと、下記のように面倒だと思うルールがあるみたいです。

news.livedoor.com

 

記事の中から3つの大きなポイントとなります。

 

(1)相手の立場によって賀詞を変える
(2)相手との親密度によって写真の有無、そして大きさを変える
(3)どんな相手にも必ず手書きのコメントを書く

 

いや、そんなの時間かけたくないですw

 

実際、私はここまで気にしたことないですが、きっとこういうのにうるさい会社(上司)もいるでしょうから負担にしかならないですよね。

 

ハガキ代金を自己負担したうえにプライベートの時間をつぶしてまで会社関係者や会うか会わないかわからない親戚の為に頑張る。と言うのが理解されない時代になってきました。

 

送って文句を言われるくらいなら送らない選択もありだと思います。送らないのも文句言われそうですが。。。

 

私は少人数だけ送る派

 

毎年20枚くらい送ってます。

 

兄弟と親、仲の良い友人たちと仲の良い同僚だけですね。みんな同じデザインで宛名もパソコンで印刷して一言書いてるレベルです。

 

そんなのに時間かけたくないですが、親の影響もあることと送られてきたら少しうれしい気持ちになることを想定してになります。

 

 

 

最後に

 

古き良き習慣はたまにいいなと思います。

 

仲の良い人達でのやりとりであれば住所の確認もできますしね。

 

こちらから送ってないのに毎年必ず送ってきてくれる人も数名いますが、今年も来るのかが微妙に楽しみですが今年も私からは送りません。

 

強制するものではなく、相手のことを想える人へ送るもの。が年賀状の本来の意味だと思うので送るも送らないもどちらでもよいと私は思ってます。

 

関連記事

 

確実に年齢を重ねておりますが年賀状をここ数年送る相手は変わってません。

www.zuzuzuwork.com

 

 2018年の残りわずか今年も良い年でした

www.zuzuzuwork.com