ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/柔術青帯のITサラリーマンが運営するブログ

株主優待目的保有中の銘柄をご紹介。おススメ銘柄でもある

スポンサーリンク

ずずずです。

 

f:id:zuzuzuwork:20180521232739j:plain

 

米国株投資を行う前2016年までは日本株優待を目的として株投資をしておりました。数少ないですがいまでも重宝している銘柄達となります。

 f:id:zuzuzuwork:20180521144817p:plain

 

では、早速ですがおススメ銘柄をご紹介いたします。

 

ビックカメラ

 

ビックカメラ・コジマで利用できる優待券がもらえます。

 

100株以上で1年以上継続していれば、2月で2,000円、8月に3,000円を頂くことが出来ます。

 

良く店舗には行くので電池やモバイルバッテリーの消耗品を購入しておりますので、家の電池はほぼほぼ優待券で賄われております。

 

意外と電池って使いますしね!!

 

株主優待内容

 

Yahooファイナンスより引用致しますが下記の通りとなります。

f:id:zuzuzuwork:20180521145758p:plain

 

株価・配当金

 

1株1700円前後となり、100株17万前後での購入が可能となります。

 

1年で配当金率0.69%であり、株主優待券5,000円としても約2.8%となり配当金含めて約3.5%前後となります。

 

f:id:zuzuzuwork:20180521150211p:plain

 

株優待券ではなく全て現金で配当してくれればいいと思いますが、選択肢が限られるのでおススメはしづらい株価になったなぁと思います。

  

ゲオ

 

レンタル半額・リユース店舗での2000円割引券がもらえます。

 

もともと音楽や映画などをたくさん聞いたり見たりするのが好きなため、ツタヤやゲオでレンタル生活してましたので優待情報を見て即買いした銘柄となります。

 

私が利用しているのはゲオ半額が目的となりますので、改悪され半額が無くなったら問答無用で手放す銘柄になります。

 

2013年に購入し手放すこともなく保有中ですが、

 

株主優待内容

 

Yahooファイナンスより引用致しますが下記の通りとなります。

f:id:zuzuzuwork:20180521151919p:plain

 

株価・配当金

1株1,671円となり、100株16万7千円で購入可能となります。

 

銘柄保有した時は9万円代でしたのでレンタル半額で取り戻せる金額だと思っていたので購入しましたが、16万円の現状だと今レンタルする回数が減っているので取り返すには時間が相当かかります。

 

f:id:zuzuzuwork:20180521152351p:plain

 

株主優待内容としてはおススメ出来ますが株価がレンタル半額になるからと言って16万を出すのは私個人としては難しい状況です。

 

何度も言いますが株主優待内容は素晴らしいです。

 

 

ライトオン

 

100株保有でライトオン店舗での利用3,000円割引券がもらえます。

 

1年利用可能です。ライトオンは全国どこでもあり毎年Tシャツを購入しているので毎年新品の洋服を着ることが出来ておりました。

 

最近はすぐ成長する子どもの洋服のための購入する資金の1つになりました。

 

株主優待内容

 

 Yahooファイナンスより引用致しますが下記の通りとなります。

f:id:zuzuzuwork:20180521152727p:plain

 

株価・配当金

 

1株1,028円となり100株10万円前後となります。

f:id:zuzuzuwork:20180521152629p:plain

 

10万円で3,000円の割引だと考えると3%となり、現金率で考えると良い銘柄ではあります。

 

株価自体は現価格付近の為、改悪されない限りは保有し子ども服の購入資金補填とするには良い優待券です。

 

 

最後に

 

保有している3銘柄をご紹介させて頂きました。個人的にはとても重宝しており改悪されない限りは手放す予定は御座いません。

 

本音としては、株主優待券よりも現金での配当金が嬉しいのは言うまでもありません。

 

優待券で保有している銘柄が配当を実施している企業も多いので優待辞めて現金配当にすればいいのではないかと正直思ってます。

 

企業とすると優待券を利用しての売り上げ減となるので実施したくない事情もあると思いますが、事務手続きなどの余計な工数も減るし企業側としてもメリットあると思います。

 

ですが株主優待券と言う制度がある限り、優待目的投資家は居なくなることはないでしょうし貰って嬉しいという気持ちは変わらないでしょう。

 

最後に言えるのは個人投資家が活用できる株主優待であれば、優待目的でも有りだと思います。