ずずず のんびり日記 米国株日本株投資

米国株投資インデックス投資家。普通のサラリーマンが資産形成するブログ

仲の良い同僚や先輩たちとの飲み会へ行ってきました

スポンサーリンク

 

「むしろ貰い過ぎだよ。お前はもっと働けると思っている。もっと仕事をガツガツ出来る人間なのだから、残業もっとしてもいいと思ってる」

 

ずずずです。

 

基本的に会社での忘年会や部での飲み会などのような愚痴大会になる飲みは基本的には参加しない人です。先日、仕事後にたまたま飲みに行く話になり、仲の良いメンバーでフらっと飲みにいきました。

 

f:id:zuzuzuwork:20190617225632j:plain

 

ふらリーマンのごとく。

 

全ての行動に生産性を求めるわけではないのですが結果的にはプラスになるような知識拾得は全く無く、会社の愚痴が8割と他愛も無い世間話で終わりました。

 

まぁ、話すことでストレスを発散することが少し出来るのでお付き合いですね。

 

そして、1つだけ言われた言葉を覚えています。

 

 

 

言われて覚えた言葉

 

参加したメンバーの1人は上司で私を評価する立場の人なのですが下記の言葉。

 

ずずず:「昇格したのにボーナス思ったより去年と変わらなかった」

 

上司:「むしろ、ずずずは貰い過ぎだよ。ずずずはもっと働けると思っている。もっと仕事をガツガツ出来る人間なのだから、残業をもっとしてもいいと思ってる

 

という一見するととても非常に残念なお言葉を頂きました。

 

「はぁ。残念。」と当日は思いながら帰宅したのを覚えています。

 

尊敬出来ていた先輩だったのに、はなはだ残念です。

 

要は受け取り側の気持ちです。

 

先輩(上司)側の気持ちになってみた

 

ここで受け取り側だけの気持ちで残念がっているだけでは悲しいので言った側の気持ちを考えてみました。

 

あくまでも想定です。

 

私も含め先輩は残業制限がない時代を少なくとも経験し、ガツガツと仕事をこなし上司として管理者としてとても優れた人であることは間違いありません。

 

私は人と人を結び付けて仕事を進めて裏側で纏めて完遂させていくスタイルなのですが、先輩は同じく人と人を結び付け先頭に立って進めて、表だって纏めて完遂するスタイルです。

 

スタイルが似ているけど微妙に違うんですよね。

 

私は残業は少なめで仕事を進めてますし、残業少ないけど会社にはそれなりに売り上げあげてるんですけどねぇ。

 

なので「俺が30代半ばの時はもっと攻めて仕事して評価をもらって管理者になった」だから「ずずずにも同じくガツガツして仕事してもらい上の役職になれる評価を会社から得て欲しい」という理解しました。

 

ま、少ししか年齢変わらないけど育った環境と考えが違うので一概には先輩の言うことは間違えではないけど時代錯誤しつつあるなぁーと思った感じです。

 

こんな記事もあった

 

少し検索したらこの記事に当てはまっているように見えます。

 

toyokeizai.net

 

自分の時はこうだった。だからお前(部下)もこうしろというのも気持ちはわかるんですけどね。

 

まぁ期待も込めての発言+酔っぱらいのたわごとだと今回は思っておこうかなと思いますw

 

私なら後輩(部下)にどうするか

 

実際は部下もいますがどう接しているのかというと、私はそこまで出来た人間ではありません。

 

進め方は単純でこういう結果(資料や準備してほしいもの)を伝え、締め切り期限だけを決めてアピールの仕方は当人に任せて悩んだらすぐに相談してもらい期限も考慮し私が手伝ったりアドバイスしたり。

 

一緒に悩んで個々のスタイルを確立させるために出来る限り本人が考えたやり方で仕事を進めてもらうようにしています。

 

とりかかる前にこういうやり方があり、私はこう進めるけど、後輩君ならどう進めるのか聞いてから進める感じですね。

 

これが良いのか悪いのかというと、結構時間が必要ですが、そこも管理次第。なんとかなるもんです。

 

人に合わせた教え方って難しいですけど、そこを探るのが楽しいですよね。

 

 

 

最後に

 

完全無敵な人はほぼいません。

 

どこか特出してる部分があれば、どこか抜けている部分は必ずあります。

 

例えば技術は得意だけど、話すのが苦手(上手く人に伝えられない)とか。話すのは得意だけど技術はわからないとか。

 

本当に人はそれぞれです。

 

私はたぶん、人と人を結ぶ調整が比較的得意な人間だっただけで至って普通の人間ですので常に努力が必要です。

 

関連記事

 

家族はやはり大きな存在ですよね。

www.zuzuzuwork.com

 

仕事での仲間も忘れられない人はできます。

www.zuzuzuwork.com

 

仕事よりも自分や家族、友人が大切なことはあります

www.zuzuzuwork.com