ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/柔術家が運営するブログ

ふるさと納税の「偽サイト」に要注意!値引きや割引は要注意!

スポンサーリンク

 

ずずずです。

 

12月初旬にもニュースになってましたが、再確認の意味を気持ちを込めて拡散したいので記事にしたいと思います。

 

ふるさと納税の偽サイトが出回っているので寄附する際は要注意です!

 

この年末の駆け込み寄附を狙って、偽サイトでの詐欺が増えており返礼品が届かないばかり節税メリットを享受できない事件が増えているとのことです。

 

 

消費者庁から注意喚起

f:id:zuzuzuwork:20181219223316p:plain

ふるさと納税の偽サイトに気を付けましょう!|消費者庁


ふるさと納税は2,000円負担で地方に寄附できる素晴らしい仕組みですが偽サイトを構築し、お金を摂取するサイトが増加しているとのことです。

 

寄附時に注意する点

 

・検索して出てきた格安なサイトを利用せず、正式サイトログイン後に寄附する

・割引や値引きしているサイトは100%詐欺だと思う

・自治体の住所や連絡先がない

・問い合わせ先がない

・日本語が少しおかしい

・振込先が個人名義でないか

 

上記のようにネット情報が多くある中から上手い話には乗らない。と言うことですね。

割引セールや値引きをしていたら、詐欺!と思っていてもいいかもしれません。

 

年末にともない、「早く寄附手配させて完了させなくては」と言う気持ちと「安いほうがお得」と言う気持ちで選んでしまうと誰の得にもならないこと取り返しのつかない結果になってしまいます。

 

寄附するならば、きちんと届けて欲しいですよね。

 

騙されないためには

 

①寄附する先の自治体公式サイトを利用

 

②ふるさと納税ポータルサイトからきちんとアクセスする

ふるさとチョイス

ふるなび

楽天ふるさと納税

さとふる

 

このあたりが人気でしょうか。

 

上記に正式HPからログインし、その中から間違いなく寄附まで行ないましょう!

 

検索して出てきた寄附先がよいのであれば、正式なポータルサイトにログインしてからサイト内で検索して寄附する。という2度手間ですがこういう対応でも良いかと思います。

 

情報を鵜呑みにしない

 

ネット社会は便利になりました。

 

家に居てもショッピング出来ますし、クレジットカードで簡単にお買い物が出来てしまいます。

 

公式なサイトや信用できるポータルサイト以外からの申し込みは行わず正式なルートを選択するほうが賢明でしょう。

 

そもそもですが、地方に寄付してがんばってもらおう。という気持ちで値引きや割引きを選ばず設定された金額を寄附する。と言う気持ちでいきましょう!

 

 

 

最後に

 

年末になり「ふるさと納税」のTVCMや雑誌で良く見かけますが、返礼品などで美味しい思いをしても、価格面などで美味しい値引きは求めないことが一番ですね。

 

正式なサイトで値引きをした場合、きっと引かれるのは地方側への寄附金が減ると思いますので嬉しくないです。

 

年末に詐欺にあい、後味悪い年にしないように注意していきましょう!

 

 

関連記事

 

ふるさと納税の仕組みを理解しましょう!

www.zuzuzuwork.com

 

払い戻しされる時期はいつなのか?

www.zuzuzuwork.com