ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/柔術家が運営するブログ

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(eMAXIS SlimシリーズのつみたてNISA対象ファンド)

スポンサーリンク

ずずずです。

 

eMAXIS Slimシリーズに「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」が2018年7月3日に設定され販売開始されました。

 

S&P500指数(配当込・為替ヘッジは行わない)に連動するインデックス投資商品がeMAXIS Slimシリーズでついに販売されました。

 

f:id:zuzuzuwork:20180703225152p:plain

 

 

 

ファンド名(投資信託商品名)

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

 

ベンチマークする指数

 

S&P500指数(配当込・為替ヘッジは行わない)

 

f:id:zuzuzuwork:20180616012910p:plain

 

発売日

 

2018年7月3日

 

販売手数料

 

ノーロード(手数料無料)

 

信託財産留保額

 

無し

 

信託報酬費

 

年率0.160%(税抜)

 

年率0.1728%(税込)

 

決算日

 

毎年4月25日 

 

 

 

ライバルとなるファンド

 

間違いなく、下記2つとなるでしょう。

 

・iFree S&P500

・楽天VTI

 

比較表
ファンド名 連動する指数

信託報酬費

(税込)

eMAXIS Slim 米国株(S&P500) S&P500 0.1728%
iFree S&P500 S&P500 0.243%

楽天VTI

(楽天・全米株式インデックスファンド)

VTI
(CRSP USトータルマーケット・インデックス)
0.1696%

 

S&P500とは

米国で時価総額の大きい主要500社で構成する時価総額加重平均型の株価指数。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出・公表しており、ニューヨーク証券取引所(NYSE)、NYSE MKT、NASDAQに上場している銘柄から選出される。1941年から1943年の平均を10とし、構成銘柄は定期的に見直される。

 

野村證券 | S&P500(証券用語解説集)より引用

 

VTIがベンチマークするインデックスとは

「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」は、米国株式市場の大型株から小型株までを網羅し、投資可能銘柄のほぼ100%となる約4,000銘柄で構成された時価総額加重平均型の株価指数です(2017年7月31日現在)。


なお、「CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)」は、委託会社が「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」に日々の為替レートを乗じて算出したものです。

 

楽天VTI交付目論見書より引用

 

eMAXIS Slim 米国株(S&P500)が楽天VTIを意識した信託報酬費でトップとなります。

 

信託報酬費の低水準を目指すeMAXIS Slimシリーズとして本気度を垣間見ることが出来ます。

 

販売会社

 

・楽天証券

・SBI証券

・マネックス証券

 

S&P500連動ファンド

 

eMAXIS SlimシリーズからついにS&P500に連動するファンドがついに発売されました。

 

iFree S&P500がこの先どうなるのか気になりますが、同じベンチマーク指数となるのであれば、資金流入が変化する可能性があります。

 

楽天VTIも同じ低水準信託報酬費となっておりますが、各投資家がどう判断するのかが気になりますね。

 

 

 

最後に

 

S&P500に連動するファンドが徐々に増えてきました。

 

 

と発言しましたが、このままでは主力ファンドがS&P500に連動するシリーズのみになってしまいそうな勢いであるのも感じてます。

 

つみたてNISAも対象となっておりますし、インデックスファンドの一角を担う1つに成るのか注目です。

 

ことしのFOYにも注目です。

 

関連記事

 

S&P500のファンドのご紹介記事です

www.zuzuzuwork.com

 

iFree S&P500の記事となります。

www.zuzuzuwork.com

 

楽天VTI含めた記事となります。

www.zuzuzuwork.com