ずずず のんびり日記 米国株日本株投資

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/インデックス投資/柔術家が運営するブログ

ジュニアNISAで米国株関係を購入できる証券会社は少ないので注意が必要

スポンサーリンク

 

ジュニアNISAで「米国株投資へ投資したい」「S&P500ベンチマークする投資信託商品を買いたい」と思い、何処の証券会社でも購入できる。と考えていたら大間違いですよ。気をつけてください!

 

ジュニアNISAでは外国株は対象外としている証券会社が多いので注意しましょう。

現状、ジュニアNISAで海外株を購入する場合は、SBI証券一択しかない状態です。

 

ジュニアNISAとは

 

子どものための非課税証券口座で株式運用を行う制度です。

 

年間80万円までとなっております。

 

www.zuzuzuwork.com

 

楽天証券のページから引用

f:id:zuzuzuwork:20190309235901p:plain

 

内容としては、ご存知の人は多いことでしょう。

 

ジュニアNISA各証券会社のHPリンク先

 

マネックス証券

ジュニアNISA | NISA(ニーサ) | マネックス証券

 

SBI証券

 

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−


楽天証券

ジュニアNISA(ジュニアニーサ):未成年者少額投資非課税制度 | 楽天証券

 

松井証券

ジュニアNISA 概要・魅力 | ジュニアNISA | 松井証券

 

主要なネット証券で各自確認するのも大変なので調べました。

 

各証券会社のページを確認して纏めました。

 

証券会社 国内株式  投資信託  外国株(米国含む) 海外ETF(米国含む)
マネックス証券 × ×
SBI証券
楽天証券 × ×
松井証券 × ×

 

SBI証券以外で利用される証券会社はほぼ購入できないと考えておきましょう。

 

私の場合は、何も調べずにたまたまSBI証券で口座開設したので何も気にしなかったのが幸運だったみたいです。

 

どうしても海外株を購入したい場合はSBI証券に乗り換えするしかありません。

 

S&P500へ投資したい場合であれば

 

幸運なことに投資信託商品で米国株への投資が可能な環境となりました。

 

個別株を購入し楽しむということは出来ないですが、VTやVTI、S&P500へ間接的に投資可能なためわざわざ乗り換える手間はしなくても良くなったかなとも感じます。

 

投資信託商品で買えるのは下記です。

 

楽天VT

楽天VTI

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

iFree S&P500インデックス

1547 - 上場インデックスファンド米国株式(S&P500)

1557(SPDR S&P 500 ETF Trust)

1655(iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF)

 

つみたてNISAで人気のある優秀な商品でもあります。

 

何度も言いますが個別株や海外ETFを必ず買いたい。と言うことでなければ何処の証券会社でも同じであり投資先の商品も変わりません。

 

代替え策で考えていきましょう。

 

ジュニアNISAで子どものために考える投資。これから始めようというかた向けに良記事がございます。

 

 

最後に

 

ジュニアNISAで海外株を購入するにはSBI証券が妥当でしょう。

 

そのほか証券会社の場合は、投資信託で無難に投資できればいいのではないでしょうか。

 

どうしても。という強い片思いの人だけ証券会社切り替えをするしかないですね。

 

関連記事

ジュニアNISAの利用用途を考えました。投資なので貯金とは異なる考えでの運用としております。

www.zuzuzuwork.com

 

金融リテラシーを子どもには付けていただけるように一緒に学んでいきたいですね。

www.zuzuzuwork.com