ずずず のんびり日記 米国株日本株投資

米国株投資ブログです。米国インデックス投資や優待株投資/元柔術家

【書評】 おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密(しごとのわ)高井浩章著書

スポンサーリンク

 

ずずずです。

 

「おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密」を読み終わりましたので書評となります。

f:id:zuzuzuwork:20190112224646j:plain

 

一言で感想言うと、「とても楽しくあっという間に読み終わってしまいます。」

 

最後の方になると「あれ?もう終わっちゃうの寂しいなぁ。」となんだか学校を卒業してしまう感じでした。

 


おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密 / 高井浩章【メール便のみ/送料無料】

 

読むべき人

 

おカネに興味がある全ての人(特に金融リテラシーを学びたい人)

 

新社会人や投資を始めたいと考えた投資初心者にもおすすめです。

 

本書の概要

 

中学生のクラブ活動である「そろばん活動クラブ」に入った二人の学生と先生を舞台として話は進んでいきます。

 

6つのお金を手に入れる方法をテーマとしています。

・かせぐ

・ぬすむ

・もらう

・かりる

・ふやす

・???

 

最後の1つ。あなたなら何を考えますか?ここ大事です。

 

気になる人は読んでみましょう。

 

社会の仕組みを含めてお金の稼ぎ方などを学んでいく話しとなっておりますが、変わった先生が出し考えて2人の学生が理解していくと言う過程がとても面白いです。

 

 

こんな、クラブが実際あれば私は迷わず子どもをいれるように説得しますw

 

 

 

登場人物

 

サッチョウさん(平凡な学生)

ビャッコ (お金持ちの勉強できる学生)

カイシュウさん(先生) 

 

f:id:zuzuzuwork:20190112224611j:plain

 

その他にも出てきますがメインの3名となります。

 

私は工場の梅村さんが気になりましたw

 

楽天ブックス


おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密 / 高井浩章【メール便のみ/送料無料】

 

 AMAZON


おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密 (しごとのわ)

 

感想

 

ドラマ化をお願いしたいです。

 

中学生を舞台としてますが、著者が家族用に書いた内容であり、当時小学五年生である子ども向けに書いたとのことです。

 

このような本を書いてくれる親がいることはとても羨ましい環境ですね。

 

本中のような「おかしなクラブ」が本当に学校に実在したとしたら先生の質も問われるので難しいでしょうね。

 

大人になって、社会人をしていると金融における知識(投資や税金、お金にまつわる内容全て)は社会的に隠す風習であり、早く会話しても冷たい目で見られない社会になって欲しいところです。

 

 

 

最後に

 

ここから始まるおカネにまつわる話。を学ぶいい本の1つです。

 

売れる理由が分かります。

 

関連記事

 

米国株投資を実践し有名人、稼ぎましょう!

www.zuzuzuwork.com

 

インデックス投資を始めるには欠かせない本の1つ。何回でも読めます。

www.zuzuzuwork.com

 

r>gの資本を読み解くのにピケティは欠かせませんね。漫画で理解していきましょう。

www.zuzuzuwork.com