ずずず のんびり日記 米国株日本株投資

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/インデックス投資/柔術家が運営するブログ

米国株投資で人気のある銘柄リスト(ETF一覧)

スポンサーリンク

 

ずずずです。

 

米国株投資で人気のある投資先(銘柄)です。

 

一覧で投資先が見えたら便利だなと思い、まとめて見ました。

 

簡単な説明のみとし、詳細な説明はしないため、情報収集は必須となりますが銘柄確認の参考となればと思います。

 

ETFリスト一覧となります。

 

米国株投資を実践するため個別株を購入するよりもETFを購入したほうが投資初心者にはおすすめされます。

 

米国株投資家がおススメしているETFのリストです。

 

VT(VANGUARD INTL E/TOTAL WORLD STK IX)

 

知る人ぞしる「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」となります。

 

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動するように運用され全世界へ投資が可能なETFであり低コスト。

 

米国株が約5割を占めており米国株投資+αでの投資先となります。

f:id:zuzuzuwork:20190129235259p:plain

 

また、楽天バンガードシリーズ(楽天VT)のベンチマーク先となっております。

 

商品リンクはこちらになります。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン - 商品案内 - バンガードETF

 

VTI(Vanguard Total Stock Market ETF)

 

米国株全般に投資できる「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」となります。

 

米国株式市場銘柄ほぼ100%に投資できる「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」に連動したETFであり低コスト。

 

f:id:zuzuzuwork:20190130000359p:plain

このように約20%前後、有名な銘柄に投資できます。

 

商品リンクはこちらになります。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン - 商品案内 - バンガードETF

 

 

VOO(VANGUARD IX FUN/S&P 500 ETF SHS NEW)

 

バンガード社が運営するS&P500に連動する投資が可能でありVTIより少し銘柄を絞ったETFかつ低コスト。

 

S&P500種指数のパフォーマンスに連動します。同じベンチマーク他IVVやSPYがあるが運営会社が異なる感じです。

 

f:id:zuzuzuwork:20190130000904p:plain

VTIと同じような構成です。

 

 

 

IVV(iShares S&P 500 Index)

 

ブラックロック社が運営するS&P500に連動する投資が可能でありVTIより少し銘柄を絞ったETFかつ低コスト。

 

S&P500種指数のパフォーマンスに連動します。同じベンチマーク他VOOやSPYがあるが運営会社が異なる感じです。

 

 

f:id:zuzuzuwork:20190130001154p:plain

当然ですが、S&P500に連動するため、VOOやSPYと同じ構成となります。

 

SPY(SPDR S&P 500 ETF Trust)

 

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ社が運営するS&P500に連動する投資が可能でありVTIより少し銘柄を絞ったETFかつ低コスト。

 

S&P500種指数のパフォーマンスに連動します。同じベンチマーク他VOOやIVVがあるが運営会社が異なる感じです。

 

SPY自体が日本の株式市場にも上場しているため「1557」で日本円で購入可能ですね。

 

SPDR S&P500 ETF【1557】:ETF - Yahoo!ファイナンス

https://www.spdrs.jp/etf/fund/fund_detail_SPY.html

 

簡易まとめ

 

低コストであり米国にメインへ投資できるETFの信託報酬費となります。

銘柄 信託報酬費 ベンチマーク先
VT 0.10% FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
VTI 0.04% RSP
USトータル・マーケット・インデックス
IVV 0.04% S&P500種指数
VOO 0.04% S&P500種指数
SPY 0.09% S&P500種指数

 

楽天VTや楽天VTI、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)など投資信託商品でも購入可能になりましたが、報酬費(運用コスト)だけで言うとETFのほうが安いのは確実に言えます。

 

ETFが買えるならばETFを購入し、毎月決まった金額を円で購入したい場合は投資信託商品を購入という選択になりますね。

 

各ETFのチャート

 

どのETFに投資してもチャート的には同じ動きに見えます。

 

f:id:zuzuzuwork:20190130002029p:plain

 

大きな差はないという事が過去の実績となります。

 

将来はもしかするとVTIやVT、S&P500ETF(VOO、IVV、SPY)で異なる動きをする可能性もありますが今までと同じような動きになるとも考えられます。これは誰にもわかりません。

 

VTは全世界投資ETFですが実際は米国比率が約5割超えとなっていますので、もし1割2割までの比率となった時は違う動きになることが容易に想像できます。

 

 

 

最後に

 

米国株投資を行うにあたり個別株を躊躇するときにはETFを購入したほうが無難でしょう。

 

1つのETFで様々な銘柄を保有することが可能なため、おすすめします。

 

配当金ももらえるので下手な個別株を購入するより有益な投資先の1つと言えます。

 

関連記事

 

VTIの記事となります。米国株投資においておすすめされるETFの1つですね

www.zuzuzuwork.com

 

S&P500に投資するETFの代表格。バンガード社が運営する人気のETFです。

www.zuzuzuwork.com

 

 S&P500に投資するETFの代表格。

www.zuzuzuwork.com

 

S&P500に投資するETFの代表格。少しだけIVVやVOOより信託報酬費が高いですが歴史あり世界で人気NO1です。

www.zuzuzuwork.com