ずずず のんびり日記 米国株日本株投資

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/インデックス投資/柔術家が運営するブログ

VOOはバンガード社が販売するS&P500ETFの概要(Vanguard S&P 500 ETF )

スポンサーリンク

 

ずずずです。

 

VOOはバンガード社が販売するS&P500に連動するとする海外ETFとなります。

 

f:id:zuzuzuwork:20180901010603p:plain

https://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VOO_JP.pdf

S&P500とは

 

米国株式市場の動向を知ることが出来る指数の1つです。

米国の主要な業種から500銘柄から構成されている株価指数を表したもの。

 

 

   

 

 

VOOの概要

 

・米国株投資家全ての方におすすめできる王道ETF

・米国株各分野の代表企業へ投資が可能

・2010年9月設定され運用されたETF

・S&P500をベンチマークとする

・経費率が低コストである0.04%

・約11兆円の純資産総額(1,005億ドル)

 

保有上位10銘柄

 

ハイテク株が上位を占めております。

状況に応じて選定されるというのがETFの良いところですね。

 

f:id:zuzuzuwork:20180901011446p:plain

 

セクター

 

色々なセクター(分野)に投資しているので、米国株内で自然と分散もしてくれてます。

 

f:id:zuzuzuwork:20180901011553p:plain

 

チャート

 

2019年2月時点でのチャートとなります。ボックス相場となり投資家には不安な状況ですがこれが株式投資ですね。

 

f:id:zuzuzuwork:20190205000453p:plain

 

配当利回り

 

年利1.60%(2019年2月4日時点)

おおよそ1~2%前後で動いております。

 

配当回数

 

4回(4半期決算の為)

 

配当月

 

年4回となります。

3月

6月

9月

12月

 

VOOを選択する理由

 

S&P500にベンチマークするETFでVOOを選択する理由です。

 

・S&P500連動しているETFである

・2010年から長い運用実績

・バンガード社の商品であるブランド力

 

VOOは2010年に設定され運用開始されました。

 

IVVは2000年5月15日であり、10年も運用差がありますがIVV同様に総純資産額も伸びております。 

 

※運用実績におけるプチ情報

バンガード社には1976年8月31日に設立された「VFINX」「VFIAX」があり、本商品もS&P500連動商品で十二分に実績のあり資産額も強大な商品です。同じファンドをベースとしておりますのでVOO自体は2010年ですがファンドベースは昔からある良い商品であることをお伝えします!

 

情報提供元は「いぬデックス」様です。

 

 

 

最後に

 

バンガード社が運営するS&P500ベンチマークETFはIVV同様に米国株投資家全ての人におススメできるETFです。

 

運用実績、経費率、ブランド力含めて間違いない選択肢の1つとなります。

 

IVVとの差は運営する企業のブランド力と言うレベルですので、2社択一であれば、販売している会社に好意を得ているほうを選択で良いでしょう。

 

本ETFを保有することで、ゆっくり資産形成をすることが可能となる1つでしょう。

 

関連記事

 

楽天VTIは日本円で投資可能となる楽天とバンガード社の融合商品です。人気のある投資信託商品となりました。

www.zuzuzuwork.com

 

子ども向けジュニアNISAにてIVVを購入しました。

www.zuzuzuwork.com

 

低コストで有名なeMAXIM Slimシリーズとなり、S&P500連動商品となります。大人気シリーズとなります。

www.zuzuzuwork.com