ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/柔術家が運営するブログ

副業せずに収入を得る方法は1つしかない(本業だけの収入で将来安泰?)

スポンサーリンク

ずずずです

 

本内容で言いたいことは将来的に投資は誰もが行うべき必須項目の1つとなり、若いうちから金融リテラシーを身に着けるべき精進すべき。と言うことです。

 

専業のみの収入で満足?

本業で十分に満足する収入を得ている人は世の中にどのくらいいるのでしょうか。各個人によって、お金はいくらあれば幸せなのか。という数字も異なってきます。

 

もちろん、お金はあればあるだけ良い。というのが極論ですが、では何のために皆さん仕事をしてストレスを抱えて辛い思いをして働くのでしょうか。

 

では、現在の年収で麺族しているのでしょうか。マイナビ様が

■現在の年収で余裕がある?
かなり余裕がある......11人(2.2%)
少し余裕がある......133人(26.6%)
あまり余裕はない......222人(44.4%)
全く余裕がない......134人(26.8%)

※マイナビより引用

 

gakumado.mynavi.jp

 

食べる為、趣味の為、お金を稼ぐのが好きだから。など色々と理由はあると思いますがサラリーマン業は会社からの給料だけでこれからも安泰と言えるのでしょうか。

 

■年収これくらいあれば余裕がある!
●平均:2,047.12万円
最低金額:100万円
最高金額:10億円
中央値:600万円

「10億円」と回答した人が6人、「8,000万円」から「4億5,000万円」までの金額を回答した人が計5人もいましたので、平均金額の結果が上に引っ張られていますが、中央値はあくまでも「600万円」です。

※マイナビより引用

生活に余裕がない人は7割以上! 年収がどれくらいあれば余裕が出る? | お金の知識全般 | お金の知識 | フレッシャーズ マイナビ 学生の窓口

 

という表示より年収600万が中央値とのこと。10億円は笑えますが、現在の日本企業だと年収1,000万越えでもどのくらいの人がいってるのか疑問です。

 

年収600万円の人が1000万を目指すとした場合、どうするのか。

簡単に昇給はできないので副業するしかないですね。


サラリーマンをしていると基本的に副業はNG(雇用契約に記載)されており、日本社会全体としてサラリーマンに副業は悪だ!と意識付けされております。

 

早く全面解禁されませんかね。 

business.nikkeibp.co.jp

 

本業に影響が出るレベルで副業は悪しかないですが、実際のところ何処まで許されるんでしょうか。

 

①個人的な不用品をヤフオクやメルカリで転売していたら?

②転売目的で商品を仕入れし、ヤフオクで利益が出たら?

③ブログでの収益を得たら?

④アフェリエイトで収益を得たら?

⑤株投資で配当金や売買による収益を得たら?

⑥不動産経営をしたら?

 ⑦有名人(芸能人)として活躍し収益を得たら?

⑧他の会社でアルバイトをしたら?

⑨他の会社で社員として給料をもらったら?

 

私の感覚だとNGと言うのは②と⑧と⑨だと思います。⑦ に関してはちょっと時と場合によりけりですし、企業広告になるのであれば許される気がします(゜-゜)

 

と言うわけで本業に影響がないように副業をしませんか??

 

一番手間なく始めれる副業

何が手を出しやすいかを考えたとき以下の条件であれば始めやすいかなと思いました。

 

●本業に影響が出ない

●本業における時間を縛られない

●何歳になっても出来る

●負債を本業や私生活に影響がでるくらい抱えないこと

 

だと思います。これで当てはまるのはやはり、③ブログでの収益、④アフェリエイト、⑤株投資で配当金や売買になるかなと思います。

 

現、ずずずの収入について

副業と言われる収入の分散を考えたときに先ず始めに株投資とブログでした。

 

昨年より継続して現在、私の収入源についてですが、3つになります。

 

●本業の給料(98.8%)
●ブログでのアドセンス収入(0.2%)
●株投資での配当金(1%)

●アフィリエイトの収入(0%)

 

と言う状況でして、ほぼ本業に頼っております。まだ昨年より意識し始めたのでこんなものでしょうね。これからも継続して収入を増やして精進していきたいところともいます。

 

最後に

AIが広がりつつ、誰でもできる仕事はロボット化されると言われています。本業の収入で十分に生活できるという古き考えは通じない社会となりました

 

定年退職したかたが働いていた社会と現代働いている社会では、大きく異なりますが、よくニュースなどで高齢者がインタビューを受けて、「今の若いものは。。。我慢が足りないだ、車に興味ないだーアニメなんか見てどうのこうの」と言われますが、いま現社会で働いているサラリーマンやキャリアウーマンはすさまじい情報社会で流れが速い中でもまれて必死に戦ってます。

 

時代の流れは速いのでお金に関するリテラシーも変化が必要ですがそこだけなぜか世代に引き継がれると言う謎が残ってるのが不思議でたまりません。

 

投資よりも定期預金の時代ではなく、いまは定期預金よりも投資の時代であるのは言うまでもありません。

 

年金も不安視されるなかいつまでも過去のルールに従っていては、チャレンジしない未来は明るくないと思う最近です。

 

副業で合算収入を増やしましょう!