ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/柔術家が運営するブログ

SE(システムエンジニア)35歳定年(限界)説の実態

スポンサーリンク

ずずずです

 

先日徹夜作業を対応していて、ふとシステムエンジニアは昔から35歳限界説と言うものがあり、35歳を超えるとシステムエンジニアとして終わってしまい、退職するか他の業種に着かざるを得ないと言われ続けてきたことを思い出しました。

 

SEになる前にこういうのを良く見てました。

next.rikunabi.com

 

実情は35歳になった今、現役システムエンジニアであり、周りにもたくさん35歳以上のSEはたくさん働いております。

 

と思い、調べてみるとこういう記事を見つけました。まさに言おうとしたことが書いてありました。

se-tenshokucenter.com

 

35歳定年説の意味はない

20代~30代前半は基本としてプログラムと格闘したり、お客様との打ち合わせ資料を作成したりという現場の仕事がメインとなります。

 

35歳が基準となる理由は数字のキリが良いからだと思いますが、35歳あたりはプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーになる為、現場にいますが中間管理職のような立ち位置に嫌でも仕事上着くことが多くなります。

 

要は年齢とともに企業から求められるポジションやスキルが現場だけでなく、経験をもとに管理(マネージ)を求められることになるから、限界説が出てきたのかと思います。

 

実際に若いシステムエンジニアを育てるには現場でお客と戦う仕事を譲る必要もあるわけでいつまでも楽しい現場にはいることが出来ないということもあります。

 

定年退職が65歳になることも要因の1つ

35歳が限界と言い続けてしまうと、定年退職年齢が65歳に引き上げられた場合、現場限界とされて30年も会社に居続けることになります。

 

35歳で限界だと言われてたのですが、実際の現場を見てみるといまだに40歳50歳間近の方もいらっしゃいます。

 

これは一人一人の仕事領域が増えており、年齢にこだわっていたら現場から人がいなくなってしまうのが実情です。実際に人手不足感は否めません。

 

50歳で現場を完全に離れたとしても残り15年もあります。恐ろしい。

 

管理能力があるかないか

システムエンジニアを10年以上経験すれば、管理能力(マネージメント能力)が必ず身に着くのかと言うと、やはり人間ですから得意不得意で大きく差が出てきます。

 

嫌でも管理をしなくてはいけない立場のため、プロジェクトを進めることになるのですが、そういったプロジェクトマネージャーの人員には必ず優秀なプロジェクトリーダーがいるのを良く見ます(いない場合、ほぼ100%炎上案件となり、人が次々と投入される)

 

と言うことで実態としては非常に残念な方が多いなぁと感じることが多いのも事実です。

 

最後に

結局のところ、35歳という年齢は定年退職引上げに伴い、まだ若手の部類に入ってしまう年齢になってしまいました。

 

私もまだまだ現場ではプロジェクトリーダという位置づけですが、好き勝手仕事させて頂いており、プログラム書いたり、お客様と打ち合わせしたり、見積もり作ったり、現場導入作業したりと自由にやらせて頂いている状況ですので今後どうなるかは分かりませんがまだ限界を感じません。

 

ただ、徹夜は厳しいお年頃になってきたのは事実です。

 

20代の頃は徹夜作業して、翌日遊んでも普通に体力回復してましたが、こればっかりは隠せない衰えを感じていることはお伝えしておきます。