ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

米国株投資/日本株/ロボアドバイザー/柔術青帯のITサラリーマンが運営するブログ

銀行倒産時は1000万が保証される。証券会社倒産の場合は?

スポンサーリンク

ずずずです。

 

銀行預金は1000万まで保証し、それ以上は戻って来ない可能性がある

 

証券口座は分別管理により保管されているので全て戻ってくる

(最悪の最悪は現金1000万保証)

 

 

 

銀行口座1000万保証

 

何故、銀行口座では1000万まで保証され、それ以上は返金可能な場合のみ戻ってくる可能性があると言えるのか。

 

預金保険制度(ペイオフ)

 

金融庁から引用させて頂きます。

 

定期預金や利息の付く普通預金等(一般預金等)は、預金者1人当たり、1金融機関ごとに合算され、元本1,000万円までと破綻日までの利息等が保護されます。

預金保険制度:金融庁より引用

 

銀行で預けている預金関係は1000万まで保証してますよと言う制度です。

 

例えば、3000万を銀行の普通預金(定期預金) で貯蓄しており預けている銀行が破たんした場合に1000万は保証しますが2000万は返金出来る場合は返金します。

 

と言う風になります。

 

 

 

証券会社口座は基本全額

 

証券口座の現金が何故全額返金されるのか。

 

 

・分別管理

・日本投資者保護基金

 

の2段階で保護されます。 

 

分別管理

 

金融商品取引法で分別管理するように義務付けられているからとなります。

 

証券会社が資産を管理するのではなく、証券会社の経営に関係なく個人口座が管理されており信託銀行管理となっております。

 

証券会社は仲介業者として存在しているイメージで良いかと思います。

 

その為、証券会社とは別の管理をされているため、証券会社が倒産しても別管理されていることから全て現金や株は手元に戻ってくることになります。

 

日本投資者保護基金

 

もし、万が一証券会社が倒産し分別管理もされておらず、投資家のお金に手を出し運用していた場合など最悪の場合まで考慮されており、この場合1000万まで保証する制度です。

 

基本としては、分別管理がされているため、余程の悪行がされていない限りは戻ってきますが、何かあったとしても1000万までは保証される制度です。

 

1000万以上の場合は銀行と同じように戻ってこない可能性も出てくると言えますがなかなか本制度を利用することは無いと考えております。

 

1000万以下であれば、気にする必要はないでしょう。

 

大和証券様のHPより

daiwa.dga.jp

 

こちらにも記載されている通りですが、2重で保護されている制度が適用されます!

 

 

 

最後に

 

証券口座に現金をいれておけば、投資売買にも活用できますし投資家としてはメリットは大きいことばかりでしょう。

 

普段生活資金として利用するお金だと、引き出したりするのに少し手間がかかるかもしれないので金額含めて投資に使う元本を入れておくようにしておきましょう。

 

銀行倒産も最近では考えづらいですが、証券会社の倒産も考えづらいところですが知識として知っておいて損はないかと思います。

 

銀行口座に預けているより証券会社口座に現金を預けている方が気持ちは安心できるかもしれません。