ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

米国株投資メインブログ 日本株・ロボアドバイザー運用中/SE/柔術/投資

ETFと投資信託商品って何が違うの?

スポンサーリンク

ずずずです。

 

株投資を始めると個別株は企業の株を保有するイメージですが、多くの投資家が進めているインデックス投資で紹介される投資信託商品や米国株投資家が購入率が高くなっているETFとは何なのでしょうか。

 

投資を始めたばかりだと、この2つの違いについて疑問が出てくるのではないでしょうか。

 

簡単に言うと、名称は異なりますが商品内容としては同じことをして運用しております。違いは株式市場取引所に上場しているかしていないかだけとなります。

 

●上場している場合は価格がリアルタイムに変動します

●上場していない場合は1日1回価格が変動します

 

投資信託商品

個別株や金融商品をプロが選抜し寄せ集めて、1つのカゴに盛りつけて金融商品として売り出している商品のこと。

 

投資家からお金を出してもらい、運用することでファンドマネージャーは信託報酬費(運用管理費)をもらい、運用費をメインで収益を得ます。

 

また、証券取引所には上場していない商品のことであり、1日1回価格が更新されます。

 

参考例

●楽天VT

●楽天VTI

●iFree S&P500

など他多数

 

ETF(Exchange Traded Fund)

上場投資信託商品と呼ばれ、証券取引所に上場している投資信託商品です。

 

基本的に投資信託商品と同じで個別株や金融商品をプロが選抜し、1つのカゴに盛りつけて金融商品として売り出している商品のこと。

 

投資家からお金を出してもらい、運用することでファンドマネージャーは信託報酬費(運用管理費)をもらい、運用管理費でファンドマネージャーは収益を得ます。

 

違いは、証券取引所には上場しており株価はリアルタイムで更新されます。(個別株のようなイメージ)

 

参考例

●VOO

●VTI

●VT

など他多数

 

投資信託商品とETFの各メリデメ

各商品のメリットデメリットを考えてみました。

 

投資信託商品のメリット

・個別株と比較し運用の手間がかからない

・自由に価格を設定し購入出来る

・個別株と比較し運用の手間がかからない

・全て円で購入できる(ETFのような為替を気にしなくて良い)

・自動積立が出来る(全証券会社で可能)

 

投資信託商品のデメリット

・ETFよりも運用費がコスト高め

・不人気の場合、商品廃止の恐れがある

・リアルタイムで価格が変動しない為、分かりづらい

 

ETFのメリット

・個別株と比較し運用の手間がかからない

・株と同じようにリアルタイムに売買出来る

・投資信託商品よりも運用費が低コスト

・自動積立が出来る(SBI証券のみ)

 

ETFのデメリット

・1株での価格購入しか出来ない

・自動積立が出来ない

・海外ETFだと為替を気にする必要が少し出てくる

・不人気の場合、商品廃止の恐れがある

 

上記に挙げた様に、基本的にはETFでのメリットが投資信託ではデメリットであり、デメリットがメリットであり、投資信託商品でのメリットはETFでデメリットとし、デメリットはメリットであることが多いと考えよいのではないでしょうか。

 

どちらがいいのか

初心者が入り易いのはETFよりも投資信託商品がいいかと思います。小額100円からという金額で投資可能な為、手始めとしては入金し易い感覚だと思います。

 

商品の良し悪しは選定した商品次第の為、書きづらいのですが金額面でのメリットからするとETFよりも投資信託商品のほうがいいと思います。

 

100円のジュースは1日何本も買い消費したり、万が一どぶの中に100円を落としてしまっても「まっ100円だし、いっか」となりますが、100円を投資にとなるとイキナリ躊躇う気持ちがあるのが初心者ですから、小額であればあるのほど入り易いと考えます

 

ETFでもいいですが、1株からの購入になるので、高いなと思った瞬間に投資しなくなる可能性もありますので。

 

最後に

株投資と言うと、個別株でガンガン取引していくイメージが一般的ですが投資を学べば学ぶ程、インデックス投資と言われる手法が増えていく方が多いと感じます。

 

インデックス投資は長期的な時間が必要ですが、負けづらい(退場しづらい)ことや投資信託での資産運用による複利効果を享受できる効率が良い投資手法です。

 

NISAやつみたてNISA、iDeCoを説明するブログや本などもほぼ全てがインデックス投資をすすめていることもあるので、投資信託商品を基本的にはおススメしたいと思います。

 

過去記事にもしたFOY2017で選ばれた戦士たちを好みで選んでいけば間違いないとも思います。

www.zuzuzuwork.com