ずずず のんびり日記 -米国株日本株投資-

米国株投資メインブログ。日本株・ロボアドバイザーも実施中!SE/柔術/投資

暴落でロボアドバイザーを利用する資格が無い人たちと現状の損益公開

スポンサーリンク

ずずずです

 

ロボアドバイザーのメリットは手数料1%となりますが、人間の心理を無視し狼狽売りなどを行わず常に冷静に運用を行うことが出来ること。だと思います。

 

headlines.yahoo.co.jp

それを踏まえたうえで、今回のダウ平均暴落においてウェルスナビへのログイン状況がパンクし苦情になったとのことです。

ウェルスフロントは発表文で、顧客が「本日、短時間」口座へのアクセスを失う事態となったことを認め、再発防止に取り組んでいると説明した。ベターメントの広報担当ジョー・ジーマー氏は電子メールで、顧客が「午後に約30分間、ログイン問題に見舞われた」ことを明らかにした。

Bloomberg記事より引用

www.bloomberg.co.jp

 

本記事を読んでみるとログインが出来なかった事象が発生したとのことです。暴落に驚いた投資家が解約や状況を見ようと焦っていたのでしょうか。

 

こういったサービスはサービスリリース前に最大何千人。何万人が同時ログインしても問題なく稼働することをを想定してシステムは構築されます。

 

が、想定は大体想定以上のことが起こるもので、口座数がサービス導入する前よりも多くなったために発生した事象だと感じました。

本当は発生してはいけないことですが、たまにあることです。

 

ウェルスナビの現状

さて、昨年11月から10万で資産運用したわけですが、現状-4,830円となり、95,170円となります。当然の結果ですね。

 

各銘柄 

ご覧ください。見事にマイナスとなりました!!!

 

f:id:zuzuzuwork:20180210002823p:plain

 

 

f:id:zuzuzuwork:20180210002704p:plain

 

2月1日まではプラス2,500円でした。

www.zuzuzuwork.com

 

最後に

昨年はロボアドバイザーの一般公開され、投資初心者のかたが口座開設し運用開始したことは非常に良いことです。

 

ここにきて、好調だった市場での初暴落を受けたことから不安感から解約や確認のためにというのは気持ちはわかります

 

そもそもロボアドバイザーでの運用は長期投資を前提としているため、現状解約をしようとすると短期売買になりますね。ロボアドバイザーは短期売買は不得意なほうですね。運用を全てお任せしているのに解約までするという考えを改めない限りは投資する資格すら自分から捨ててるようなものだと思います。

 

暴落となった2月6日に出ていたコラムです。

金融庁が2016年9月に公表した「金融レポート」でも、「リターンの安定した投資を行うには、投資対象のグローバルな分散、投資時期の分散、長期的な保有の3つを組み合わせて活用することが有効である」と結論づけられています。

ところが、日本はもちろん米国でも、多くの個人投資家が心理的な罠に陥って、非合理的な行動を取ってしまうことが、長年の研究によって明らかになっています。

多くの人は、株価が上がる局面では強気になって多く投資し、逆に株価が下がると「このまま保有していいのだろうか」と不安になって売却してしまいがちです。冷静になって考えてみると、これでは高く買って、安く売ることになっているのですが、現実には多くの個人投資家がこのような行動パターンを取ってしまいます。

今回のように株価が大きく下落すると、新聞でもテレビでもSNSでも悲観的な記事ばかりになりますし、私たち一人ひとりも悲観的なニュースにばかりついつい目が行ってしまいます。しかし、特別な行動を取る必要はありません。淡々と「長期・積立・分散」で資産運用を続けましょう。

※Wealthnavi記事より引用

www.wealthnavi.com

 

また9日にウェルスナビCEO 柴山社長よりメールが来ておりましたのでご覧ください。

f:id:zuzuzuwork:20180209235929p:plain

 

資格がないは言い過ぎですが、長期運用となるロボアドバイザーを選択したのであれば、信じて見守る(むしろ忘れてしまう)くらいの気持ちで臨んでほしいと思いました。