ずずず のんびり日記

米国株投資メインで柔術をたまに考えるブログです

ビットコイン(仮想通貨)の税金確認方法

ずずずです。

 

記:2017年12月4日 

 

年末も近づき、確定申告という文字が頭にちらついてきましたので保有している方の参考になればと思います。

 

年間20万円以上儲けた場合は確定申告必須となりますのでご注意ください。

また、20万円以内でも1円でも儲けた場合は、住民税申告必須となりますので、お間違いないように!

 

ビットコインについて、先日記事にしましたが、税金における計算部分だけ抜粋致します。

 f:id:zuzuzuwork:20171202015748j:plain

 

【課税されるタイミング】

●ビットコインを日本円に両替した時

●ビットコインをアルトコインなど他の仮想通貨に両替した時

●ビットコインで商品やサービスを購入した時

となります。

 

【仮想通貨にかかる税金の計算方法】

ビットコインの損益は雑所得扱いになりますのでお忘れなく。

 

こちらに国税庁の正式見解が出ております。

No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係|所得税|国税庁

 

下記のように税金がかかります。

損益 税率 控除額 住民税
195万円以下 5% 0円 10%
195~330万円 10% 97,500円 10%
330~695万円 20% 427,500円 10%
695~900万円 23% 636,000円 10%
900~1,800万円 33% 1,536,000円 10%
1,800~4,000万 40% 2,796,000円 10%
4,000万以上 45% 4,796,000円 10%

 

計算式は損益の税率ー控除額損益の10%」です

 

例えば、100万円利益が出た場合は

(100×5/100)-0+(100×10/100)=15万円

  15万円が税金としてかかります。

 

また、500万円利益が出た場合は

(500万×20/100)-427500+(500万×10/100)

107万2500円

 

500万利益出た場合は、107万2500円が税金としてかかります。

 

結構な金額ですね。負担大きいですねぇ。

 

【仮想通貨に関する所得の計算方法等が発表】

 

本記事を書いてる最中(2017年12月1日)にタイミングよく国税庁から計算方法等について発表がございました。

 

内容は下記の通りです。 

項番 内容
仮想通貨の売却
仮想通貨での商品の購入
仮想通貨と仮想通貨の交換
仮想通貨の取得価額
仮想通貨の分裂(分岐)
仮想通貨に関する所得の所得区分
損失の取扱い
仮想通貨の証拠金取引
仮想通貨のマイニング等

 

国税庁のHPはこちらになります、ぜひ読んでおきたいですね! 

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/171127/01.pdf

 

【まとめ】

ビットコインを利用した場合、課税される。と考えていいと思います。

 

ビットコインについて、これから法整備などがされる対象になると思いますので、きtんと対応しておきましょう。

 

これをきちんと対応していないと脱税となり、大変なことになりますよ!!

 

 

以下、関連記事となります。

 

ビットコインについて、調べた内容を雑に書いたものになります。よろしければ!

www.zuzuzuwork.com

 

 

スポンサーリンク