ずずず のんびり日記

米国株投資メインで柔術をたまに考えるブログです

フラリーマンですか?時間の錬金術師となって投資したい!

ずずずです。

 

昨日も見かけたのですが、TVで「フラリーマン」が特集されてました。

f:id:zuzuzuwork:20171128012946p:plain

帰宅途中にサラリーマンがフラリと立ち寄るということから帰りにフラッと寄るサラリーマンで「フラリーマン」とのことです。名前通りですけどね。

 

“フラリーマン”

目白大学名誉教授で社会心理学者の渋谷昌三さんが、2007年に著書の中で、家庭を顧みず居場所を失い、ふらふらするサラリーマンの姿から名付けた。
しかし、時代とともに“フラリーマン”になる背景も変化。
「“働き方改革”で、男性が家庭での居場所を取り戻そうとしても、共働きの増加に伴い存在感を増す女性に太刀打ちできず、居場所をあきらめてフラフラしてしまう」と渋谷さんは分析している。

 

特集記事はこちらになります。

www3.nhk.or.jp


この場合、気になったのは下記条件で何処からがフラリーマンなのでしょうか。

 

①独身1人暮らしで寄り道したらフラリーマン?
②独身実家暮らしで寄り道したらフラリーマン?
③既婚して、寄り道したらフラリーマン?
④既婚して、子どもがいたらフラリーマン?

 

恐らく、推測するに③と④がフラリーマンとなり、①と②は違う気がしますね。


家に家族が待っているが、寄り道すればフラリーマンのであれば②もはいる気がしますが、どうもポイントは妻と子どもな気がします。

 

寄り道も必要な寄り道はあるかと思います。


誕生日プレゼントや日用品購入、会社の会食や飲み会、友人との飲み会なども含まれるのかと言うとそうでもないみたいですね。


曖昧すぎる。

 

家庭内の居場所を取り返すとかその考え自体がもうすでにおかしい気がします。


会社じゃないんだから家庭内の居場所って自然と出来る気がしますけど違うんですかね。


私の家庭は両者ともフラットな立ち位置なので世の中の家庭内立ち位置という考えがいまいち理解できない若輩者ですみません。。。


結果経験不足な私が感じたことから言うと夫婦仲がよければ、何も問題ない気もします。

 

何かしら小さな歪みがあるから、そういう行動になるのだと安易に考えました。
異論はもちろん認めます。


残念ながら私は、用事があってもすっ飛ばして家に帰りたい人なのでフラリーマンの気持ちはとても分かりませんが、皆さんはどうですか??

(嫌な時も疲れてるときも子どもに癒されるので早く帰りたいじゃないですか)

 

でも、良く考えると頭使って行動してるとも言えますけどね。


終業しているが仕事と言い、何も生産性を生まない架空の時間を作り出すこと。

 

時間の錬金術師ですね!

 

その能力を使って、その時間で投資の勉強でもしたらいいんじゃないでしょうか。

 

知識をつけ、実践し、フラリとするお金も稼げればフラリー投資マンになれますよ。

 

かつ、ブログも運営すればフラリー投資ブロガーマンという長ったらしい名称を得ることが出来ます!!


無駄な時間を作れるのであれば、非常に有効かつ効率的だと思います。
羨ましい。

 

フラリーマンがそこに行き着く考えをもてるかは知りませんが。


【まとめ】

 

家に帰りたくないフラリーマンはこんなブログ見ないでしょうがあえて言わせてください!

 

ぜひ投資勉強とブログをやりましょう。

 

ゲームセンターやバッティングセンターのお金を運用費に使えばもっと稼げるのでは??

 

私も投資やブログに費やす為に時間の錬金術師となりたいこの頃です。

 

投資に回せる時間とお金がもっと欲しい。

 

スポンサーリンク