ずずず のんびり日記

米国株投資メインで柔術をたまに考えるブログです

現行NISAのロールオーバー時非課税投資枠制限なし【金融庁HPからの確定情報】

 ずずずです。

現行運用されているNISAの非課税期間(5年)終了時に120万までしかロールオーバー出来なかったのですが上限制限について撤廃されました。という情報は出ておりましたが確定された!されてない。と何だか曖昧でしたので調べました。結果から言いますと金融庁HPが更新されておりロールオーバー上限撤廃は確定情報になります。

 

f:id:zuzuzuwork:20171023010516p:plain

 

では金融庁HPを見ていきましょう!

f:id:zuzuzuwork:20171022235402p:plain

金融庁HPより引用(http://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/nisa/point/index.html

 

下記のように記載があります。

非課税期間の終了時点で値上がりしていた場合、120万円を超えている部分についても、翌年の非課税投資枠に移すができます。(ロールオーバー可能な金額に上限はありません)。

「120万円を超えている部分についても、翌年の非課税投資枠に移すことができます。ロールオーバー可能な金額に上限はありません」とありますので上限撤廃されてますね。

 

HPの真ん中あたりにある「ロールオーバーした場合」のなかにあるケース1の①にもこういう内容が記載されています。f:id:zuzuzuwork:20171023003337p:plain

金融庁HPより引用(http://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/nisa/point/index.html

 

 引用しましょう。

(ケース1)
NISA口座で株式を120万円で購入し、5年の非課税期間終了時に150万円に値上がりしていたとします。
この時点でNISA口座から課税口座へ移す場合、取得価格は150万円に変更されます。

その後、

① 150万円から170万円に値上がりし売却した場合 → 利益の20万円(170万円-150万円)に課税されます。

 とあります。120万円で購入し5年で株価上昇し150万円になったので150万円ロールオーバーした。そのあと170万円で売却したので20万円に課税される。とありますので150万円がロールオーバーされた分となるので上限撤廃は確定ですね。金融庁HPにあるので間違いないです。

 

注意としてロールオーバーした年のNISA枠は120万円を超えていた場合、新規購入枠は無し(0円)となります。

 

 

引用したHPは下記となります。 

www.fsa.go.jp

 

2018年1月から「つみたてNISA」が運用開始されますが、「現行NISA」とどちらが良いか悩んでる方は多いかと思います。そのうちNISAで1つに統一化されるかもしれませんが初心者の方の場合、投資信託を購入していく場合はつみたてNISA、個別株やETFを購入していく場合は現行NISAという選択になっていく流れになるんですかね。

 

私は現行NISAのままの予定ですが、2019年分はどうするか分かりません。焦る必要もないので色んな投資方法を見ていき来年決めたいと思います。

 

スポンサーリンク