ずずず のんびり日記

米国株投資メインで柔術をたまに考えるブログです

大型タワーマンション閲覧に行ってきた感想【東京マンション】

ずずずです

ひばりが丘にできる数多くあるタワーマンションのモデルルーム見学に行ってきました。最近は都内も大規模マンション建設ラッシュでひばりが丘もその中の1つですね。

どういった説明や流れで進んでいくのかご参考になれば!

 

 

【1日の流れ】

:受付

:アンケート記入/営業さんと顔合わせ

:ムービー鑑賞

:モデルルームの説明

:ローンについて相談(どの部屋が良いか指定し価格を確認)

 

【受付やアンケート記入/接客営業さんと顔合わせ】

初めてタワーマンションの検討と言うこともあり、ドキドキしながら受付へ行きました。14時に予約でしたので受付を済ませ、接客部屋でアンケート(現在の家賃や大よその収入、探している場所など)に記入して、しばらくして営業さんが来ました。(この時点ですでに5分以上経過)。名刺を頂いてビデオ(マンションの説明)を見てほしいということでシアタールームへ移動しました。

 

【ムービー鑑賞】

場所を移動しシアタールームと呼ばれる部屋へ。映画館のような素晴らしい部屋でした(力の入れようが半端ない)内容としては、ひばりが丘の素晴らしさ紹介、マンションの説明でした。内容も素晴らしく非常に良くできておりました。約30分弱くらいだったと思います。ムービーが終わるとともに、案内人が先ほどの接客部屋へお戻りくださいとのこと。

 

モデルルームの説明

接客部屋に戻ってきたと思ったが、実際に部屋で使用されるモデルルームの説明を行うということで、またもや場所移動。同じ建物内でしたが移動多いなと。。。これも30分くらい営業さんが説明してました。

 

ローンについて相談

モデルルームの説明が終わったら、接客部屋に戻って住宅ローンの組み方や最大購入金額(いくらまでローンが組めるか)を営業さんがPCを使って説明してくれました。

 

私が見に行った物件の大よその価格帯は

3,500万~6,000万でした。3LDK~4LDKです。

 

高いなぁ

・3,000万未満の部屋が大々的に広告されてましたが。。。もう売約済み)

もうこの時点で私的には魅力がない感じでしたが、奥様が興味津々で・・・

 

そしてローンの話を進める営業さん。当然ですが共働きでの計算で進めてきました。

参考までに見積もって頂いた概算レベルの1つですが販売価格:3,900万円(購入時諸費用:200万円含む)

 

月額:10万円(管理費/修繕積立金:2万円) 合計月額12万円

→借入年数35年、変動金利0.63%

 

5年毎に管理費/修繕積立金は高くなります。約5,000円ですので、もし変動金利が変わらない(変動リスク)ですが

1年~5年:月12万(年144万円)

6年~10年:月12.5万(年150万円)

11年~15年:月13万(年156万円)

16年~20年:月13.5万(年162万円)

20年~25年:月14万(年168万円)

26年~30年:月14.5万(年174万円)

31年~35年:月15万(年180万円)

 

住宅ローン35年完済するまでに なんと合計5,670万円となりました。(固定資産税除く)

 

そんなに払えない。。。不動産自体が価格上昇しているのは把握してましたが、ここまでとは。どういった方々が買ってるのか聞いたところ富裕層や中国の方が多いそうです(投資物件として購入?) そして、長々とこの場合はいくら。この場合はと説明が続き今購入しないとこの先どうなるかわかりませんし、すぐ今空いているお部屋も売約されてしまうのでご決断はお早めに!と煽ってくる状態でした。

 

結果、14時に受付すませてから帰ろうと車に乗れたのが19時。。。なんと5時間も見学から説明からございました。さすがに長くて帰る頃にはグッタリでした。軽い気持ちで内見されると苦痛になってしまうので、十分検討してからここぞというところで見に行った方がいいかもしれません。

 

マンションを買うメリットについて考えました

・戸建てよりもセキュリティは高い

・大規模マンションに住んでいるというステータス

・管理人がいることで雑務など依頼できる

・部屋からの景色が良い(拝見したのは10階でしたので)

かなと思います。

 

今回は契約までいくことはありませんでした。(奥様は結構満足されてたみたいです)

持ち家派か賃貸派は意見が別れる所ですが考え深いところです。焦っていないので賃貸と持ち家の両方を模索していきたいところです。

 

以上です。

スポンサーリンク