ずずず のんびり日記

米国株投資メインで柔術をたまに考えるブログです

「つみたてNISA早わかりガイドブック」 がついに公表されました!

どうも ずずずです。

 

来年2018年1月からつみたてNISA(積立NISA)がスタートします。

少しだけ復習です。

NISAとはイギリスのISAを参考として、毎年120万以内での金融商品から得られる利益が非課税になる税金制度となります。
※NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account
Individual Savings Account=個人貯蓄口座
※参照URL:http://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/index.html

 

投資などで得た利益は通常約20%の税金が強制的に差し引かれますがNISA口座を利用した場合、20%が非課税(免除)となる制度となります。

 

スタート時期は下記のとおりです。

2014年1月(平成26年)~:NISA
2016年4月(平成28年)~:ジュニアNISA
2018年1月(平成30年)~:つみたてNISA

 

2年ごとに何かしら仕掛けてる流れですね。

 

そんな中、昨日9月12日に金融庁より投資教材の初心者向けガイドブックが公表されました。本資料を拝見させていただきましたが先日行われた「つみたてNISAフェスティバル2017」でも説明された資料の1つと言うことですので、周りにつみたてNISAって何?と聞かれた場合は優しく資料を使って説明してあげてください。内容については非常に重要なポイントが纏められており取っ掛かりの1つとして非常に有効性のある資料だと思います。

 

資料の保存先はこちらになります。

「つみたてNISA早わかりガイドブック」の公表について:金融庁

 

f:id:zuzuzuwork:20170912232851j:plain

1ページ目にいる最新つみたてロボット(T-213)たるキャラクターが自己紹介しております。本ロボットが重要ポイントごとに説明してくれております。

 

つみたてNISAについて簡易的に要点だけ纏めます。

・年間投資上限:40万円(NISAは120万円)

・非課税期間:20年(NISAは5年)

・非課税枠:800万円 (40万を20年のため)

・投資対象:国が厳選し選定した投資信託(手数料低コスト商品)

   ⇒公募投信 114 本、ETF 6 本(合計 120 本)

・投資方針:毎月積立を推奨

かなと。

 

つみたてNISAをキッカケに初級者(初心者)である若い人の投資リテラシー向上を目的とした国の取り組みが始まるのだと思います。給料が上昇しづらい日本社会の中で将来を考えて資産運用の1歩を踏み出す仕組みになるといいなと思います。

手数料が安く、わかり易い商品(少ない商品数)で資産形成ができる制度になり投資が普及することを強く思います。

 

以上です。

スポンサーリンク